性格がすっかり変わってしまった妹

食卓

 

高校生の頃、毎日のように妹と喧嘩していた。

 

喧嘩と言っても他愛もない口喧嘩で、ある程度言い合ったらどちらかが自然と引いていた。

 

ニュースであるような殺傷事件には到底至らないような軽い喧嘩だった。

 

高校三年の春、俺は成績が凄く落ちていて、志望校に合格するのが危うかった。

 

そのせいで親からの風当たりがきつく、テストが悪い時なんかは一人だけご飯のおかずがニボシだけなんてこともあった。

 

追い込まれていたからか、妹の態度がやけにイライラしてくる。

 

何を言われたかは覚えてないが、カッとなって妹にテレビのリモコンを投げつけた。

 

リモコンは、ちょうど妹の後頭部に直撃した。

 

妹は頭を抑えて倒れた。

 

俺は焦った。

 

死んだのか・・・?

 

とりあえず近づいて確認する。

 

脈をみると死んではないようだ。

 

でも、気絶しているから病院へ行った方がいい。

 

そう思ったのだが、俺にきつく当たる母にこの事がバレたらどうなるか分からない。

 

俺は気絶したままの妹をそのままソファーに寝かせ、二階に上がった。

スポンサーリンク

数年経った現在も妹は・・・

次の日、妹に何と言って謝ろうかと思って二階から降りていくと、妹は普段通りに朝飯を食べていた。

 

どうやら怒ってはいないようだ。

 

昨日の事を申し訳なく思っていたのか、久しぶりにこちらから声をかけた。

 

すると、全く反応しない。

 

やはり怒っているのだろうか?

 

そう思ったのだが、今考えると怒っていただけの方が良かった。

 

妹は、その日から性格が変わってしまった。

 

学校から帰って来ると、いつもは友達と遊びに行っていたのに、学校へ行く以外は部屋から全く出なくなった。

 

そして、家族内で会話をしないようになった。

 

親父が、「わざと無視でもしてるのか?」と問い詰めた時があった。

 

それでも妹は全く無表情で通していた。

 

妹が喋らなくなって一ヶ月、親父と母が俺を呼んだ。

 

「お前、何かしたのか?」

 

そう訊かれた。

 

「何を?」と訊き返すと、なんだか言い難そうなのだ。

 

親父はこう考えたそうだ。

 

『妹は何か凄く落ち込む事があった。でもそれは人に話せるような事じゃない。だから喋らない』と。

 

つまり、俺が性的虐待をしたと思ったのだ。

 

なんとか疑いを晴らすことは出来た。

 

だけど、妹をこういう状態にしたのは紛れもなく俺なのだ。

 

やり方は違えど、原因は俺なのだ。

 

なんとか妹に、元に戻ってもらおうと思った。

 

次の日、学校から帰ってきた俺は、妹の部屋へ行った。

 

妹はまだ家に帰って来ていない。

 

帰って来た後だと部屋に鍵を掛けて出て来ないので、今しか部屋に入る機会がないのだ。

 

妹の部屋は喋らなくなる前と変わりはなかった。

 

もし壁中が黒塗りなんて事になっていたら俺は泣こうと思っていた。

 

そして最悪な行動なのだが、俺は妹の胸中を知る為、妹の日記帳を探した。

 

妹が幼い頃から日記をつけていたのを俺は知っていた。

 

机の上にある簡易本棚の中から日記帳を取り出し、中身を見た。

 

日記帳をパラパラめくると、特に変わったものはない。

 

だが、ページ数が半分くらいになった時、妙なページが見えた。

 

俺はそこをよく見た。

 

そのページから先のページは、妹の字ではない、とても大きくて歪んだ字の羅列だった

 

その字はちゃんとしたひらがなだったが、文章が意味不明だった。

 

『だいこんはかえるにくつしたさえしいたけ』

 

こんな感じの文が数十ページ続いていた。

 

俺は妹の脳を損傷させたんだと思った。

 

凄く後悔した。

 

妹に悪いことをしたという気持ちも大きかったが、俺は刑務所に入れられるんだなと思ったからだ。

 

半泣きで頭をかきむしっていると、後ろに誰かいる事に気づく。

 

振り返ると、そこには妹が立っていた。

 

妹は全くの無表情だった。

 

夕方で電気を点けていなかったからか、無表情の妹の顔が真っ黒だった。

 

妹は何も言わずに、ゆっくりと部屋に入ってきた。

 

俺は後ろに下がった。

 

妹はカバンを机の横に掛けると、俺が部屋に入っていることが不快なのか、俺の方を見たまま静止した。

 

焦りつつもなんとか頭を整理した俺は、妹に土下座で謝ろうと思った。

 

何も返事はしてくれないだろう。

 

でも、土下座をしなければ俺の罪悪感が治まらなかった。

 

土下座をしようと、中腰になろうとした。

 

その時、妹が物凄い速さで俺の腕にしがみ付いた。

 

一瞬、何をしたのか分からなかった。

 

その勢いで、妹はそのまま部屋から出て行った。

 

俺は唖然としつつ、右手に持っていた妹の日記が奪われた事に気づいた。

 

妹はその日の夜、姿をくらました。

 

それから数年経った現在も、妹は家に戻っていない。

 

妹が今も生きているなら24歳になる。

 

俺は全く勉強に身が入らなくなり、受験、就職と失敗が続き、今の俺は本当に底辺だ。

 

親も妹に期待していた分、居なくなって人が変わってしまった。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ