怖いくらい霊感が強すぎる妹

日本刀

 

俺の妹は霊感が強い。

 

と言うか、

そういった家系らしい。

 

俺もわりと強い。

 

両親は二人とも弱く、

 

母方のばあさんと、

ばあさんの弟のじいさんは強い。

 

俺が高校生の時の話。

 

その時、

 

うちには近所の人から預かっていた

日本刀があった。

 

あとで年寄りから聞いた話なんだけど、

その日本刀は曰く付きで、

 

近隣の住人には『●●包丁』

呼ばれているらしい。

 

夏休みのある日、

俺は友達と肝試しに行った。

 

場所は一家失踪の家。

 

地元で有名な場所だ。

 

新しく家を建てるために業者が解体中、

事故が相次いだ。

 

だから半壊状態のまま山の中に

ぽつんと取り残されている。

 

友達との待ち合わせ場所に向かうと、

先に友達は来ていた。

 

ちなみに昼間。

 

失踪の家の辺りには、

夜のバスが出ていないから、

 

昼間に行くか、

夜明かしをするかしかない。

 

後者は嫌。

 

バスに乗って問題の家まで行くと、

昼間だというのにその近辺だけ暗い。

 

「おー、雰囲気あるねー」

 

そんなことを言いながら家に入ると、

独特の冷気が漂っていた。

 

夏だというのに、

俺は鳥肌が立った。

 

「あー、参ったな」

 

家具が置きっぱなしのリビング。

 

食器棚の中に違和感を感じた。

 

カーテンが閉められていて、

昼間でも薄暗い。

 

食器棚の中の誰かと目が合った気がして、

俺は慌てて目を逸らした。

 

霊が出るという子供部屋をまわり、

朽ちた寝室をまわって引き返す。

 

特に何事もなく、

またリビングへ戻る。

 

記念写真を撮り、

 

呆気なかったなと言いつつ、

玄関から外に出る。

 

なぜか右の掌だけが汗ばんでいた。

 

家に帰ると中学生の妹が、

ベランダで日焼けをしていた。

 

ご近所さんの目を気にしろよ、

と言いつつ洗濯物を取り込み、

 

一服しようと手すりにもたれ掛かると、

吸っていた煙草を妹が指先で弾いた。

 

煙草は俺の顔の横をかすめ、

そして弾かれて足下に落ちた。

 

「あぶねえ~な~。

なんなんだおまえ」

 

と言うと、

 

妹は唇の端をつり上げて笑い、

手をヒラヒラと振った。

 

シッシッてか。

 

犬じゃねえんだよ。

 

そして、その日の夜のこと。

 

晩飯を食っていると、

後ろから視線を感じた。

 

妹が俺の後ろの食器棚から

ガチャガチャと皿を取り出すと、

 

すっと気配は消えた。

 

夜中に便所に起き、

またベッドに横たわっていると、

 

コンコン、コンコン、

と窓を叩く音がする。

 

窓の外はベランダ。

 

ふとベランダを見ようと体を起こすと、

ドカドカとベランダを歩く音が聞こえ、

 

「うざってぇんだよ!」

 

と妹の声がした。

 

びっくりして窓の方を見ると、

 

妹が何もない空間に向けて、

蹴りを打ったところだった。

 

「何してんの?」

 

俺が言うと、

妹は不機嫌そうに答えた。

 

「お兄ちゃん、

ガキ連れて来てるよ」

 

ガキ連れて来てるよ・・・

 

言われて気づいた。

 

昼間、

妹が煙草を投げつけたことを。

 

俺の顔をかすめ、

煙草は何かに当たって落ちた。

 

何か?

 

何に?

 

俺は手すりにもたれ掛かっていたから、

俺の後ろには何もない。

 

煙草は一階まで落ちるはずなのに、

 

何かに当たり、

跳ね返って俺の足下に落ちた。

 

気づいてぞっとした。

 

その日は妹に頼んで、

妹の部屋の床で寝た。

 

何日か経った夏休み中の登校日。

 

学校へ行くと、

友達が笑いながら寄ってきた。

 

「やったな!」

 

「なにを?」

 

友達は一枚の写真を俺に見せた。

 

あのリビングで撮った写真だった。

 

ぼけっと立つ俺の右で、

小さな男の子が俺を見上げていた。

 

その男の子の手は、

俺の手を握っている様に見えた。

 

「やったな!

なんか体調悪いとかない?」

 

友達は嬉しそうにはしゃいでいた。

 

鬱になりながら家に帰ると、

和室の戸が開いていた。

 

恐る恐る中を覗いてみると、

暗い和室で妹が一人で立っていた。

 

隣家から預かっている日本刀を持って。

 

俺は戸を閉めた。

 

なんだあれは?

なにやってるんだあいつ?

 

俺はビビりつつ、戸を開けた。

 

妹は俺の顔を見ると、

こう言った。

 

「おかえり。

今日から一人で寝ても大丈夫だよ」

 

その日から、

視線も感じなくなった。

 

妹が何をしたのか、

俺は知らないし知りたくない。

 

ちなみに俺は何度か

妹に泣きついたことがあるが、

 

妹がもう大丈夫と言う度に、

怪現象は無くなった。

 

妹が何をしているのか分からない。

 

分かりたくない。

 

一度何をしているのか尋ねると、

 

妹は笑いながら首を絞める

ジェスチャーをしてみせた。

 

その瞬間、窓が叩かれて、

 

「うるせえよ!殺すぞ!」

 

と妹が一喝すると、

 

電気の紐が揺れて、

外で何かが逃げる気配がした。

 

俺は、妹がたまに怖くなる。

 

ちなみに、

妹に彼氏が出来たことはない。

 

付き合ってもすぐに別れる。

 

本当にすぐに。

 

数日以内に。

 

実は以前、

 

家に連れて来た途端に逃げ出した、

妹の元彼と街で会った。

 

別れた理由を聞くと、

夢を見たと言う。

 

夢の中で妹は黒いモヤにひたすら

(なた)を降り下ろしていた。

 

・・・笑いながら。

 

夢なのになんだか怖くなって、

付き合うどころじゃなかったらしい。

 

そして、

未だに『●●包丁』はうちにある。

 

名前も覚えているんだけど、

忘れたいからあえて書かない。

 

(終)

スポンサーリンク

One Response to “怖いくらい霊感が強すぎる妹”

  1. 通りすがりの名無し より:

    ステキな妹さん・・・

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ