突然肩を叩かれ振り返ると

駅ホーム

 

昨日の夜の事。

 

明大前駅で電車待ちをしていた。

 

この時、電車がとても遅れていた。

 

ぼけっとスマホをいじっていたら、突然肩を叩かれた。

 

なんだ知り合いか?と思い振り返ると、見知らぬ中年の女性がいた。

 

女性はごにょごにょ何かを言っている。

 

どうやら泥酔している様子。

 

同伴らしき年配の男性に謝られた。

 

軽く会釈して、スマホに目を戻す。

 

背後から呂律の回らない声がする。

 

先ほどの女性だろう。

 

「ねーねー、おにいさん、おにいさん」

 

なんだ?俺のことか?

 

酔っ払いの相手は面倒だから無視を決め込む。

 

「やめなさい」と男性のたしなめる声。

 

女性の声が遠ざかる。

 

男性が俺から引き離してくれているのだろうか。

 

「えー、でも、あのおにいさん、あんなののっけ・・・」

 

「やめなさい」と男性の声が遮った。

 

のっけて?乗っけて?

 

頭や肩を払ってみたが、なんともない。

 

この酔っ払いめ。

 

家に帰り着き、しばらくしてから思った。

 

俺が乗っけていたものが、彼女にしか知覚できないものだったら嫌だな、と。

 

それに、電車が遅れていた原因が明大前駅での人身事故だったことや、俺が今体調を崩し熱を出している事と無関係ならいいな、と。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ