追い詰められていた半年間の出来事

横断歩道

 

当時の俺は本当に追い詰められていた。

 

以前から病気持ちだった妻に転移が見つかり、度重なる入院と手術で気持ち的にも金銭的にも余裕がなく、家庭事情に理解のあった上司も異動になってしまったからだ。

 

今にしてみたら病んでいただけなのかも知れないが、この半年間で俺の身に起きた出来事を書いてみる。

スポンサーリンク

「はい、おしまい」

妻の看病で休みがちな俺に、新たな上司は容赦がなかった。

 

名指しで罵倒され、業務上の会話すら拒否し、休職願いは握り潰された。

 

同僚は同情してくれはしたが、やはり上司には逆らえない。

 

家に帰れば帰ったで、請求書や保険会社への書類など、嫌な事しかない。

 

病院に行けば妻は弱気で、「私が死んだらいい人を見つけてね」とか言い出す。

 

生き地獄というのは本当に底が無い。

 

そんなある日、俺は病院で財布を拾う。

 

ずっしりと重い長財布にはそこそこの大金が入っていて、余裕のない俺にはとんでもなく魅力的に見えたが、非常に気になるものが挟んであった。

 

いわゆる『御札』というものだ。

 

病院という場所柄、お守りみたいなものかと思う反面、御札なんて直接財布に入れるものなのかと、おかしくも感じる。

 

そもそも、御札は折り曲げてもいい物なのか、妙に気になったのを覚えている。

 

ちなみに恥ずかしながら、財布は自宅に持ち帰ってしまった。

 

警察に届けようか、これだけあれば何日分のベッド使用料になるか、その時の俺は本気で悩んでいた。

 

翌日の仕事帰り、俺は駅のベンチで自問自答していた。

 

俺、結構頑張ってるんだけどな・・・。

 

妻を見捨てて毎日出社すれば上司は挨拶を返してくれるのかな・・・。

 

確か、そんな最低な事を考えていたと思う。

 

そうやって俯(うつむ)いて家に帰らない理由を考えていると、「そうだな。お前は良くやってるよ」と、ベンチの前に立っていた人が俺に声をかけてきた。

 

(うわ、俺声に出してたのか・・・)

 

顔を上げると、そこには誰もいない。

 

俯いていたとはいえ、コートが見えていたはずだが・・・。

 

しかし、自分で病んでいるなと思いつつも、なんだか嬉しかった。

 

幻聴でも認めてもらったのは久しぶりだった。

 

気分的なものなのか、最近は家に帰ると森の匂い的な香りがして、落ち込んでいた俺の弱いメンタルも癒される。

 

明日も頑張ろう、そう思えた。

 

不思議なことに、落ち込むと時々その幻聴は励ましてくれた。

 

病んでいた俺は、そんなこともあるか程度に考えていたが、幻聴は徐々におかしな方向に変わっていった。

 

「もう十分頑張ったんじゃないか?」

 

自転車で信号待ちをしていると、そんな幻聴が聞こえた。

 

え?と思った時にはもう、「はい、おしまい」と後ろから突き飛ばされた。

 

慌てて急ブレーキをかける。

 

狂ったようにクラクションで威嚇する車。

 

呆然とする周囲の人たちと俺。

 

何がなんだか分からない俺は、その場を謝り倒して家へ逃げ帰った。

 

あれ?俺、突き飛ばされたよな?と考えているうちに寝てしまったが、夜中に猛烈な生臭さを感じて目が覚めた。

 

目が覚める程の生臭さ。

 

何だ、この臭い?と周囲を見回して、ふと財布と御札の事が頭に浮かんだ。

 

(あぁ、どうしようかな・・・。やっぱり届けないとマズイよなぁ)

 

そんなことを考えていたら朝になっていた。

 

翌日、やっぱり考え直して財布は警察に届けた。

 

案の定、財布は酷い臭いがしていたが、警官はケロッとしながら中身を確認して調書を作成していく。

 

御札を何と書くのかと見ていると、普通に『金○○万円、他札1枚』と記載されていた。

 

気持ち悪い出来事や幻聴はそれ以来収まったが、妻の病状があまり良くない。

 

進行が妙に早い、と先生に言われた。

 

職場も業績が良くないし、どうにも「おしまい」というのが気になる。

 

俺の悩みはどうおしまいを迎えるのだろう、と不安でしょうがない。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ