壁に貼られていた御札を剥がしてから

御札

 

昔、陸上自衛隊に所属していた時の話。

 

前期教育といって、まず入隊したら3ヶ月の新人教育を受ける。

 

俺が入隊した時期は年をまたいでいたので、宿舎なんかの大掃除をした。

 

入隊経験のある人なら分かるだろうが、軍隊というところは隅から隅までピッカピカにさせられる。

 

宿舎は8人部屋で、ベッドの脇には服なんかをしまっておく個人用の縦長のロッカーがあったのだが、それらも動かして綺麗にせよと命令があったので実施した。

 

すると、ロッカーの裏の壁には『古びた御札』が貼られていた。

 

アホだった俺達は、みんなでバカ騒ぎしてその御札を剥がしてしまった。

 

翌日、外で射撃予習の訓練をしていると、班長が怒り狂って飛んできた。

 

なんでも、「ロッカーを開けっ放しでおまえら出で来ただろ!バカちん共!」と激怒しておられる。

 

我々はこってり絞られた後、整理し直せと部屋に戻された。

 

部屋に戻ると、確かに整理して出たはずだったのだが、8人全員のロッカーの扉がまるで分度器で測ったかように90度に開いていた。

 

正直、その光景は気味が悪かった。

 

それからというもの、骨折やらの怪我をする者が続いたり、全員の時計が一斉に壊れたり、夜中に壁からコツコツと叩く音が延々と聞こえたりと色々あった。

 

そんなある時、古参の班長が「おまえらもしかして御札剥がしたろ?戻しとけ!」と言われ、捨てずに茶器戸棚にしまってあった御札を元に戻した。

 

すると、今までの色んな災い事がピタリとやんだ。

 

こんな事って本当にあるんだなあ、という出来事だった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ