全身が紫色になっていた女の子

登下校

 

この話を人に話す時、「確かにその話、めちゃくちゃ怖いけど本当かよ?」と結構言われる事がある。

 

よっぽど霊が出てくる話の方が逆に現実味があるからだ。

 

これは俺が実際に体験した、そんな不思議なお話。

 

小学5年生だった頃の朝、いつのも様に家の近所の二人の同級生たちと、学校に登校する為に通学路を歩いていた。

 

しばらく話しながら歩いていると、前方を歩いている二人組の女の子が視界に入った。

 

一人は自分と同じクラスの同級生で、もう一人は別のクラスの女の子である。

 

俺は同じクラスの女の子の方に目が釘付けになった。

 

“全身が真っ紫”なのである。

 

“真っ赤”とか”真っ青”とか”真っ黄色”等という言葉はあるが、”真っ紫”という言葉はないと思う。

 

どういう状況を見たのかと言えば、頭の先の髪の毛から体全体の服や靴まで、全身に紫色のペンキを頭から被った様に”真っ紫”なのである。

 

普段からそんな奇抜な格好をしている子というわけではなく、ごく普通の女の子だ。

スポンサーリンク

今でもこのトラウマが蘇りそうになる

普通なら「おい、あれ見ろよ!!」と一緒に歩いている同級生の二人に話しかけるのであろうが、なぜか“話してはならない”というのか、話したくても言い出せない、口を開こうとしたら言い知れぬ恐怖感が襲ってくる様な、軽い金縛りの様な不思議な不快感を俺は感じていた。

 

俺と一緒に歩いている同級生の二人も、確実にその紫色の女の子は視界に入っている距離だ。

 

だが何も言わないし、指摘もしない。

 

普通にゲームの話をして盛り上がっている。

 

そして、もはや前方の女の子二人を追い越す距離までに近づいた。

 

それでも何も言わない。

 

おかしい。

 

すれ違いざま、紫色の女の子の顔を見た。

 

卒倒しそうになった。

 

肌の色までが真っ紫だったのだ。

 

顔の皮膚、腕の皮膚、足の皮膚、全てだ。

 

思わず悲鳴を上げると、女の子二人が「おはよう」と挨拶をしてきた。

 

「おー」と同級生の二人が返事を返す。

 

俺だけが引きつった顔をしている。

 

やはりおかしすぎる。

 

誰一人として、女の子の全身が紫色な事に一切触れないのだ。

 

「お前、何驚いてるんだ?」と、怪訝な表情の同級生の二人。

 

ドッキリか?とも思ったが、いくらなんでもこんな手の込んだドッキリをする意味はない。

 

その時に初めて、「自分以外には見えていないのだ」と思った。

 

ドッキリではない事は、教室に入ってから確信する事になった。

 

他の同級生たちも一切その女の子が紫色な事には触れず、普通に話している。

 

極めつけは、出席を取る際や授業が始まった時だった。

 

担任の先生すらも一切その事に触れない。

 

他の人達には見えていない事を確信した。

 

その日はもう、俺の頭の中は「???」で一杯だった。

 

授業中は上の空で、給食や休み時間も上の空である。

 

「あいつ何で紫色なんだ?」と同級生に聞けば言いのだが、言い知れない程の“この事に触れてはいけない”という様な、本能的なおぞましさを感じて言い出せなかった。

 

ましてや当人の女の子に直接聞く様な事は出来なかった。

 

そして、下校直前の掃除時間の事である。

 

グループごとに分かれて校舎内の様々な場所を掃除するのだが、自分のグループが割り当てられた場所は、校舎の裏庭の方の少々薄暗い区画だった。

 

紫色の女の子も同じグループだった。

 

俺の目の前には、全身が紫色のその子がほうきでゴミを掃いている後ろ姿が見える。

 

周囲には俺とその子しかいなかった。

 

聞くなら今しかない。

 

「なん・・なんで・・・・・な・・・」

 

言い知れぬ怖気が言葉をどもらせ、質問を躊躇させて口が上手く開かない。

 

そして、とうとう好奇心が恐怖心を凌駕した。

 

思い切ってその子に近づき、「何で今日は全身紫なの?」と聞いた。

 

その瞬間、女の子が体全体でこちらに向き直り、「ぎゃあぁぁー!!」と顎が外れんばかりに口を開き、飛び出さんばかりに目を開き、いつものその子とはとても思えない鬼女の様な真っ紫の表情で絶叫していた。

 

俺も堪らず絶叫し、ほうきを放り投げて教室に駆け戻った。

 

やがてチャイムが鳴り、掃除時間が終わって俺は席に座っていたが、その間を教室でどう過ごしたかは全く記憶に無い。

 

ホームルームが終わり下校の時間になると、とにかく早く家に帰りたかった。

 

毎日一緒に下校する友人はその日クラブ活動があり、今日は自分一人で帰る日だった。

 

下駄箱に通じる廊下を歩いていると、前方から紫色の女の子が友人二人と歩いてくるのが見えた。

 

その子もクラブ活動に行くのであろうか、体操服を着てこちらに歩いてくる。

 

視線を合わせないように小走りにすれ違おうとすると、すれ違いざまに「モウキカナイデネ」とぼそっと言った。

 

「もう聞かないでね」ではなく、宇宙人やロボットの真似をする時の様に、抑揚の無い声で「モウキカナイデネ」と言った。

 

俺は走って校舎を飛び出した。

 

どう帰ったかも覚えていない。

 

家に帰るとゲームをしたりして、その事をなるべく考えないようにした。

 

晩御飯を食べ終わるくらいまでは、それなりに楽しく過ごした。

 

が、布団に入って寝ようとした時、再び恐怖感が襲ってきた。

 

「もし明日も紫色だったらどうしよう・・・」と思うと、学校に行くのが憂鬱になってきた。

 

親にも話せない。

 

ノイローゼになるかもしれない。

 

憂鬱な気分のまま、その日は眠った。

 

そして翌朝、登校中にまたあの女の子とその友人の後ろ姿が前方に見えた。

 

紫色だった女の子は普通に戻っていた。

 

安堵した瞬間、なぜか涙が出てきた。

 

一緒に登校している同級生たちに不思議がられ、からかわれながらも嬉しくてしばらく涙が止まらなかった。

 

女の子とすれ違う瞬間も、まだ少し恐々とした気持ちで顔を覗いたが、皮膚の色も通常に戻っていた。

 

そして、「おはよう」と普通に挨拶を交わした。

 

以後、卒業するまでその女の子が再び全身が紫色になる事は一度もなかった。

 

あの日の事も二度と聞く事はなかった。

 

一体あれは何だったのか?

 

「モウキカナイデネ」と言ったという事は、少なくとも女の子自身も紫色になっている自分を自覚していたという事なのだろうか?

 

この話は思い出すだけでもトラウマであり、その後もたまに夢でも悪夢として何度も出てきていた。

 

ようやく最近になって、様々な環境や価値観の変化、時の問題もあるかもしれないが、人に話せるようになった。

 

紫色になっていた女の子も、今は結婚して幸せに暮らしているようだと人づてに聞いた。

 

今でも街でたまに見かける白髪を紫色に染めたお婆さんなどを見たらドキッとするし、あのトラウマが蘇りそうになる。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ