誰もいない世界に迷い込んだ体験

ナースステーション

 

この話を友達にしてみたら、

 

米国の有名人の体験談を思い出した、

と言われました。

 

『賑わっているはずの空港に行くと、

自分以外は誰もいなかった』

 

という話らしいのですが・・・

 

そして私の体験談ですが、

当時は看護師をしていました。

 

2年前の出来事です。

 

今は派遣事務の仕事に就いていますが、

 

我ながらよくあの殺人的なシフトを

こなしていたなと感心します。

 

17、8時間の拘束は

当たり前の世界ですから。

 

その日は二交代勤務の日勤でした。

 

朝7時半頃、

 

いつもの通用口を通ったのですが、

院内が不気味なほど閑散としていました。

 

人の気配がまったく無いのです。

 

いつもなら朝食などで

バタバタしているはずなのに。

 

私は更衣室に向かいましたが、

同じシフトの同僚すら居ません。

 

携帯で連絡をしてみると、

 

電源が入っていないか電波の届かない・・・

というメッセージが流れます。

 

とりあえず引き継ぎのために、

ステーションへ行こうと思いました。

 

・・・が、その途中、

 

職員どころか患者さんまで

見当たらないのです。

 

それまでこんな異常事態に

遭遇したことがなかったので、

 

怖くなりました。

 

とにかく誰でもいいから探そうと

思い立ちましたが、

 

むやみに歩き回るのも恐ろしく感じて、

内線電話の受話器を取りました。

 

しかし、あの「ツー」という、

発信前の音さえ聞こえないんです。

 

軽くパニクっていた私は、

 

もう一度自分の携帯で

片っ端から掛けようとして、

 

落としてしまいました。

 

慌てて拾い、

携帯の待ち受け画面を見ると、

 

実家の番号が出ており、

迷わずダイヤルしました。

 

いつも聞いているあの発信音が

聞こえた時には涙が出ました。

 

「ガチャ」という音とともに、

私は捲くし立てました。

 

「もしもし、お母さん?私」

 

『あんた今どこにいるの?

 

△△さん(同僚)から連絡あったわよ、

病院から。

 

時間になっても来ないから、

 

もしかして事故にでも

遭ったんじゃないかって」

 

それを聞いて私は、

 

力が抜けたというか、腰が抜け、

その場に座り込みました。

 

そして、

ぞっとするようなものに気付きました。

 

それは・・・

 

先に携帯を落とした場所に、

バッテリーが落ちていたのです。

 

バッテリーも無いのに、

母と会話をしたのです。

 

思わず携帯を投げ出して、

 

どこに向かうでもなく、

私は逃げ出しました。

 

どこをどう走ったのか覚えていませんが、

 

通用口近くまできて、

一歩も前に進めないほど疲れ果て、

 

中腰の姿勢のまま

息を整えようとしました。

 

あともう少しで外に出られるのに、

どうしてそこで休もうとしたのか・・・

 

未だに分かりません。

 

私は、ふと顔を上げました。

 

目の前には壁に設置された

姿見の鏡がありました。

 

しかし、よくよく見ると、

 

鏡に映っていなければならない

私の姿が無かったのです。

 

そこで意識を失いました。

 

そして目覚めた時、

 

私はステーション内の

ソファの上にいました。

 

周りはいつもの活気ある職場です。

 

私が最初に連絡し、

自宅に電話をくれた同僚が言うには、

 

通用口近くで私は倒れていたらしいのです。

 

だけど不思議なのは、

 

それを彼女に教えてくれた方が

いたそうなのですが、

 

どうしても思い出せないと言います。

 

実際彼女はその人を見たのに、

 

どんな顔だったのか、

どれくらいの身長だったのか、

 

性別さえも「思い出せない」のです。

 

その同僚に私も色々質問されましたが、

 

私の身に起きたことを裏付ける、

確たる証拠が挙げられませんでした。

 

投げ捨てた携帯電話や、

更衣室のロッカーに入れた所持品など、

 

なにもかもが無くなっているからです。

 

それに私の見た大きな鏡さえ、

もともと無いのですから・・・

 

<以下、後日談>

 

お母さんに電話をした事実はありました。

 

しかし、

 

携帯電話の請求書に記載される

通話記録には、

 

残っていませんでした。

 

私は怖くて聞くつもりはなかったのですが、

帰宅するなり母がその話題を振ってきました。

 

同僚が病院から自宅に電話をしたことも、

事実でした。

 

しかも、

その時に使った電話機は、

 

あの時に私が手にした電話機だったから

余計にビックリです。

 

時間的な差は無かったと思うので、

別世界でありながら同じ空間に居たわけです。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ