虫好きの僕が蜘蛛を大嫌いになった理由 2/2

蜘蛛

 

そこで何か思い出しそうになり、

 

T君の薄暗い部屋のイメージが、

頭の中にフラッシュバックしてきました。

 

でも、はっきりと思い出す前に

記憶の糸がフッと途切れてしまい、

 

それ以上は思い出せません。

 

その時に母親が、

 

「あのマンションは裏手が山だったから、

大きな蜘蛛がたまに出たんだよねえ。

 

大人の手くらいあるやつ。

 

あんな大きな蜘蛛、

 

子供が見たらすごい大きさに

見えるだろうねえ」

 

と言いました。

 

その瞬間、

 

僕の頭の中に幾つかのイメージが

同時に駆け巡り、

 

気が付くと僕は頭を抱えて

ウゥと唸っていました。

 

すんでのところで、

叫び声を抑えていました。

 

T君の部屋で

走り回っている時に転んで、

 

あのレールのおもちゃの上に

倒れ込む瞬間、

 

床を叩きながら、

泣いて僕を非難するT君。

 

T君に、

 

「どうすれば○○君(私)を許す?」

 

と聞く、T君のお母さん。

 

T君のお母さんが、

 

彼女の手より大きな蜘蛛を掴んで、

僕の口に感触が!

 

僕の母親は驚いたことでしょう。

 

僕は逃げるように自分の部屋まで走り、

そのまま布団を被って、

 

頭の中に蘇ってくるイメージを消そうと、

必死にもがきました。

 

その日は朝まで眠れずに記憶と葛藤し、

その後の数週間は、

 

日常生活の合間に蘇ってくる記憶に

苛まれ続けました。

 

※苛まれ(さいなまれ)

苦しめられ。責められ。

 

なにしろ、人と会っていても、

 

いきなり頭を抱えて

呻き始めるわけです。

 

頭がおかしくなったと

思った人もいたでしょう。

 

「蜘蛛を食べれば、許す」

 

「じゃあ、蜘蛛とってくるね」

 

冗談かと思いきや、

 

数分も経たぬうち戻ってくる

T君のお母さん。

 

「廊下に巣を張ってる蜘蛛を

捕ろうと思ってたんだけど、

 

すごい大きな蜘蛛がいたから

そっちの方を捕って来た」

 

「うわっ、でっかー!」

 

「ほ~ら○○君、食べなさい」

 

今では分かる。

 

T君の母親は、

 

本気で蜘蛛を食べさせようと

したわけじゃない。

 

でも、彼女の目は、

加虐の喜びに満ちていた。

 

彼女はひとしきり大きな蜘蛛を

僕の口のまわりに擦りつけると、

 

ひょいと窓から蜘蛛を捨て、

 

「お母さんに言っちゃだめよ!」

 

と恐ろしい顔をして言った。

 

そしてT君にも、

 

「これで○○君を許してあげなさい!」

 

と叱りつけた。

 

これが、

僕が蜘蛛を嫌いになった理由です。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ