お骨は墓にあるのに仏壇に参るワケ

天国

 

この話を姉にすると、「何それ・・・怖い」と言われる。

 

俺はちょっとばかり記憶力がいいらしく、例えば母親の胎内から生まれてきた時の記憶らしきものがある。

 

他にもこんな不思議な記憶も。

 

姉がじいちゃんの家で仏壇に線香をあげている時に、「なんで骨は墓にあるのに仏壇に参るんだろうね?」という事を言った。

 

それを聞いた俺は、「仏壇は窓なんだよ」と教えてあげた。

 

これを『魂』というのだろうか、前世の記憶なのかは分からないし、自分の前世が何者だったのかも知らないけれど、仏壇の向こう側、つまり向こうから見たこちらの世界の記憶が俺にはある。

 

その記憶によれば、俺はいつも誰かを見守るようにくっ付いていた。

 

いつもその人の背後にいた。

 

背後から見守る守護霊的なものだったのかもしれない。

 

その人の行く先々に付いて回っており、その人の事がとても大切なんだけれど、いつもその人の背後にいるせいで顔が見えない。

 

それが残念だった。

 

けれど、その人が仏壇の前に来てくれた時は、仏壇の内側からその人の顔を見ることができた。

 

それが嬉しかったという記憶はある。

 

話は戻るが、「だから仏壇には参らなきゃ」と姉に言ったら気味悪がられた。

 

ちなみにそのような窓は、仏壇だけでなく墓もそうだ。

 

最後に、前世の記憶はあっても、その自分が男だったのか女だったのかは分からなかったが、俺がついていた人が若い女性だったというのは覚えている。

 

また、前世の俺はどうやって、いつその仏壇の向こうの世界(生の世界)が終わったのかは、やっぱり分からない。

 

けれど、寿命で迎える死は怖くないという感覚は残っている。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ