君の守護霊にずっと話しかけられている

教室

 

今でも何が起こったか理解できていない『私の人生の七不思議』の一つ。

 

あまりにも不可解な出来事で、上手く説明できない気がして誰にも話したことはなかったが、備忘録としてここに記してみたいと思う。

 

これは、私が中学一年生の時の話。

 

新しい環境にも慣れ、周りが見え始めた6月のある日のこと。

 

工藤さんという同じクラスの子に話しかけられた。

スポンサーリンク

彼女の中にいる前世の彼

女はいつの時代も群れたがる生き物だが、そのクラスも例外ではなく、一番発言力のある第1グループ、対立する第2グループ、そのどちらでもない今でいう腐女子の集まりの第3グループの3つのグループに分かれていた。

 

喧嘩しているわけではないのに、グループが異なるとほとんど会話することがない。

 

つくづく女というのは面倒な生き物だ。

 

私は第1グループに、工藤さんは第3グループに所属していて、入学から2ヶ月が経っているというのに彼女と話すのは初めてで、名前もうろ覚えだった。

 

「守護霊って本当にいると思う?」

 

話しかけられたことも驚きなのに、脈絡もなく突然そんなことを言われ、どう答えるべきか悩んでいた。

 

すると、「実は君の守護霊が見えるんだ。知りたい?」と言う工藤さん。

 

当時、マイバースデーというなんちゃってオカルト雑誌を愛読していた私は、「え?み・・・見えるの?」と半信半疑で会話に乗ってみることにした。

 

「実は君の守護霊にずっと話しかけられているんだ。危険が迫っている。僕が助けてあげる」

 

彼女の話によると、彼女の中にいる人は彼女の前世だという人物で、必要な時に表に出てくるらしい。

 

私の守護霊が彼女の中の彼にSOSを出していて、それで思い切って私に声をかけたということだった。

 

信じるとか信じない以前に、どう返答すべきか悩み、適当に濁してその場を離れた。

 

そして、当時一番仲良しだった鈴木さんに相談したところ、彼女も加えてもう一度詳しく話を聞くことになった。

 

鈴木さんも加えて再度同じ話を聞いた後、工藤さんから危険を避けるという魔除けのお守り(キラキラした石)を貰った。

 

魔除けの効果があったのか、何も起こることなく日々が過ぎていった。

 

工藤さんは前世の彼の時と本来の工藤さんの時があり、その当時は前世の彼の時が多く、色々とあちらの世界の話を聞いたものだった。

 

それからは鈴木さんと工藤さんと私の3人で過ごすことが多くなり、私たちは次第にクラスで浮いた存在になっていった。

 

そんなある日、私たちの様子を心配した担任の先生が、両親に忠告するという出来事が起こった。

 

両親にこれまでの経緯を説明するも当然信じてもらえず、「騙されてるのよ。しばらく一緒に過ごすのはやめなさい。実際に何も起こってないでしょ。彼女が口からでまかせを言ってるだけよ」と説き伏せられた。

 

確かに両親の言う通りかもと納得した私は、彼女たちと決別し、二度と話すことはなかった。

 

その後、私は父の仕事の関係で関西に引っ越し、彼女たちのことは忘れてしまった。

 

工藤さんのことを思い出したのは、随分と時間が経った頃、とある事件の特集をテレビで見ていた時だった。

 

幼女が連続で殺されるという、それまでに起こったことがないような凶悪な事件で、当時は連日ニュースでやっていたが私は詳細を知らなかった。

 

犯人も捕まり死刑が確定したということで、改めて事件の特集が組まれたようだった。

 

その時に初めて、昔に住んでいた家と近い場所での犯行だった事と、事件の詳細を知った。

 

そして、奇妙なデジャヴを感じた。

 

(あれ・・・?この話どこかで聞いたことがある・・・)

 

よくよく考えてみると、その事件の概要があの時に工藤さんの中にいる彼が語った話と酷似していた。

 

もちろん彼女がそれを語っていたのは、その事件が報道され始める前の事で、それどころか事件が起こってもいない時だった。

 

もし工藤さんが話しかけてくれていなければ、魔除けのお守りがなければ、私も被害に遭っていたのかもしれない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ