父の夢に巻き込まれていた現実の私

居間

 

これは、私が小学4年生の時の話です。

 

学校から帰宅すると、茶の間に父が座っていました。

 

ただ、その頃の父は船に乗り込んでおり、たまにしか帰宅しないのでビックリしました。

スポンサーリンク

父の様子が変?

私は「お帰り~!」と言って駆け寄りましたが、父はまるで私が居ないかのようにキョロキョロと周囲を見回すばかり。

 

いくら揺さぶっても、様子は変わりません。

 

母は仕事で夕方まで戻らないので、近くに住む祖母に「父の様子が変だからすぐ来て」と電話をしました。

 

祖母に連絡がついてホッとしながら、電話のある廊下から茶の間を振り返ると父の姿がありません。

 

他の部屋も覗きましたが、狭いマンションで大男の父が隠れる場所等ないのです。

 

駆け付けて来た祖母に話をしましたが、結局は「私がうたた寝をしていて夢を見たのだろう」ということにされました。

 

それから2ヶ月くらい経った頃、久しぶりに父が帰って来ました。

 

誰に聞いたのか、「お父さんの夢を見て大騒ぎしたんだって?」と言っては笑い、私は大変なお父さん子という設定になってしまい、なんだか気恥ずかしい思いになり黙っていると、父がこんなことを言いました。

 

「お父さんも船に乗っている時、よくこの家の夢を見たよ。でも夢で見る我が家はなんだか他人の家のようでね。お前もお母さんも出て来ないし、知らない場所にいるようで、辺りを眺めてばかりなんだよ」

 

・・・これって、私があの時に見た父の姿そのままでした。

 

もしかして、私は父の夢に引き込まれていたのでしょうか?

 

その後、こうした経験はしていませんが、今でも他の方から不思議な体験(急に見知らぬ風景に遭遇した等)を聞くと、「この人も他人の夢に巻き込まれたのかも?」なんて思ったりします。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ