写真に写る見覚えのある顔

寂れた飲み屋で一枚の写真を手に、

上司が話してくれた。

 

お前も知ってるだろうけど、

俺は山によく行くんだ。

 

写真を撮りにね。

 

大学の頃から、

山には頻繁に登ってたから、

技術には自信を持ってたんだけど、

今から15年くらい前かな。

 

あまりにいい景色だったんで

夢中でシャッターを切ってたら、

 

足を滑らして

転げ落ちちゃったんだ。

 

根が卑しいのか、

カメラをしっかり持ってたんだけど、

なんとか体を引っ掛けることが出来た。

 

でも危険な状態だった。

1メートル先は完全な崖だったんだ。

 

なんとか体は留めているけど、

いつまた滑り出すか分からない。

 

その時、上からザイル(登山網)

するすると降りてきたんだ。

 

カメラを首にかけて、

夢中で登ったよ。

 

安全なとこまで登りきって

一息ついたんだけど、

誰もいない。

 

叫んでみたけど、

返事もないんだ。

 

是非、お礼を言いたかったのだが、

仕方がないと思って、

その日は山を降りたんだ。

 

家に帰って写真を現像してみると、

山の写真の中に、

一枚見覚えのない写真があるんだよ。

 

と言って、

上司は写真を見せた。

 

崖に引っかかっている時に、

偶然撮れてしまった写真らしい。

 

そして、その写真の真中に、

崖の上から覗きこむようにして

男の顔が映っている。

 

上司は、

「俺はこの人にお礼が言いたくて、

いつもこの写真を持ち歩いてるんだ」

 

と言ったあとに、

「だけど・・・お前、分かるか?」

 

写真の男の顔はシワだらけであったが、

上司の顔にソックリであった。

 

「年々、俺の顔が

そいつに似てきてるんだ・・・」

 

上司は、それを悩みの種に

しているようだった。

 

しかし俺は思う。

 

写真の真中で、

薄ら笑いを浮かべるこいつが、

上司を突き落としたのではないかと。

 

数年前、その上司は亡くなった。

 

その死に顔は、

写真の男にソックリだった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ