「オガワさんちの息子さんですか?」

名札

 

これは、今でも続いている不可解な体験話。

 

僕は中学生から高校生にかけての6年間、「オガワさんちの息子さんですか?」という質問を、駅やスーパー、コンビニで、見知らぬ人から年に4~5回されることが続いていたことがあった。

 

その都度、声をかけてくる人は違ったけれど、オジサンかオバサンだった。

 

一度は家の電話にも、「オガワさんのお宅ですか?」とかかってきたこともあった。

 

今は社会人になり、仕事も忙しくて当時のことは忘れていたけれど、最近職場に「オガワさんをお願いします」とか、「オガワさんはいらっしゃいますか?」といった電話がかかってくるらしい。

 

また一般的に職場にかかってくる電話なら、身分や所属を名乗るのが普通だと思うけれど、その電話は名乗らないらしい。

 

電話を受けた人が尋ねても、「プライベートの知人」とか、「知り合いの者」と言うのだそうだ。

 

そもそも、うちの職場には『オガワ』という名前の人はいない。

 

よく分からない出来事だけれど、ほんのりと怖い感じもする。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ