見覚えのない顔と聞き覚えのない名前

人影

 

「お久しぶりです!」

 

唐突に掛けられた声に振り向いたが、後ろに立っていたのは全く知らない男性だった。

 

・・・ああ、私が呼び止められたわけじゃなかったのか。

 

勘違いして恥ずかしいな。

 

そう思って足早にその場を立ち去ろうとすると、「ちょ、ちょっと、××さん!」。

 

その慌てた声で呼ばれた名前は『私の名前』だった。

 

えっ?

 

確かに私は人の顔を覚えるのは苦手だが・・・。

 

訝しげな私にその男性も首を傾げ、「もしかして、オレのことを忘れてます?○○って言うんですけど・・・」。

 

聞き覚えのない名前だった。

 

顔を覚えるのは苦手でも、一度聞いた名前はそうそう忘れないハズなのだが・・・。

 

「えっ?えっ!?だって3ヶ月前に会ったじゃないですか。仕事の席で△△って場所で、オレは上司の□□さんと一緒で、そちらは◇◇さんと一緒だったでしょ」

 

◇◇は確かに私の上司だが、そもそも一緒に仕事をしたことはなかったような気がする。

 

でも、やけにリアルな説明だった。

 

時間は何時で、天気はこんな感じだったとまで言い募る様子は嘘に見えない。

 

記憶になくても容易に想像がつく説明に、次第に私も「そんなことがあったのかな」と言う気になってくる。

 

でも、どうしても思い出せない。

 

「うーん、すみません・・・」

 

知ったかぶって話を合わせようかとも思ったが、結局は頭を下げた私に、男性はうな垂れながら去って行った。

 

そして、その男性と再会したのは3ヶ月後だった。

 

仕事の件で、向こうは□□さんという上司と一緒で、私は上司の◇◇と一緒で、△△という場所での打ち合わせだった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ