慰霊碑やお寺に神社まである小さな裏山にて

裏山

 

これは、実家の辺りにあった『名もない低い山』の話。

 

幼稚園と小学校の裏手にあるその山は「裏山」と呼ばれていて、山頂に児童公園が作られていた。

 

昼休みなんかには、こぞって小学生が遊びに行くような場所だ。

 

でもこの山、山頂に続く道の途中には戦争の慰霊碑があり、小学校から少し離れたところにはお寺もあり、そしてまた少し離れたところに神社(しかも時々自殺する方がいる)まであるという、ちょっと怖そうな場所。

 

そんな山で怪奇な出来事が度々起きている。

スポンサーリンク

遊び半分でその山を登るのはやめよう

例えば、犬の散歩をするため、夏の夕方に僕がその山を登っていたら、慰霊碑の近くの斜面(道は無く、人が登れない所)“真っ青な炎”が見えた。

 

ソレは数秒して消えたけれど、「あ、やべぇ」と思ってすぐに引き返した。

 

いつも散歩している時は、「もっと歩く、もっと歩く」という感じで帰るのを拒否する犬も、この時は麓へまっしぐらだった。

 

他にも、同じく犬の散歩をするために、母と兄が山を登っていた時のこと。

 

時間は同じく夕方頃。

 

すると、またその慰霊碑の近くに来た時に突然、目の前の約10メートルほど先に“白い人の形をした煙”が出現したという。

 

もちろん、焚き火をする季節ではないし、他に人もいなかったという。

 

2人と1匹は、やっぱり麓へまっしぐらだった。

 

他にも、僕が中学生の時に、怪奇なモノを見ちゃう友達、凄く感じる友達、そこそこ感じる友達、雰囲気を感じる友達、ゼロ感の友達ら総勢10人程で肝試しをかねて花火をすることになり、山頂へ行ったことがあった。

 

その時は、いつもと空気が違った。

 

生暖かく、ネバっとした空気・・・。

 

さらに、山の斜面の方からはとてつもなく冷たい空気を感じた。

 

そんな状況でも「とりあえず花火をしよう!」と、ロウソクやらバケツを準備したものの、花火に火がつかない。

 

数時間前に買った花火全部に火がつかないのだ。

 

そうこうするうちに”見ちゃう”友達が、バケツの水をばしゃっと零(こぼ)して広げていた花火を引っ掴むと、「走らず降りるぞ」と一言だけ。

 

僕自身、”見る”ということは(前述の真っ青な炎以外)ないけれど、今まで斜面から感じていた冷たい空気が山頂全体に満ちていることに気付いて、一瞬で総毛だった。

 

直後、みんなが一目散に山を降り、結局は小学校の敷地内で花火を再開したけれど、今度はちゃんと火がついた。

 

そんなおかしなことが度々あるうちに、「そういう場所というのは何かしらあるんだな・・・」ということを強く認識してからは、肝試しやらの遊び半分でその山を登るのはやめようと思った。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2021年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2019年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2019年・怖い話ランキング20
(2018年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ