インフルエンザの大流行を衰えさせた!?

菌

 

これは、友人の体験話。

 

小学生の頃、彼の町ではインフルエンザが大流行した。

 

薬も効かず次々と学級閉鎖となる中、彼は『不思議な夢を見た』のだという。

 

夢の中で、彼はいつも遊んでいる裏山の神社にいた。

 

そこの境内には何も置かれていなかったのだが、夢の中では黒い大きな石碑があり、表面に何か字のようなものが彫られていた。

 

何かの漢字熟語だったらしいが、彼には難しくて読めなかったそうだ。

 

ただ、ひどく禍々しい感じがして気に入らなかった。

 

そこで彼は足元に落ちていた炭を使い、石碑に落書きをしたのだという。

 

気合を入れて書きまくり、気がつけば石碑の表面は意味のない落書きで埋め尽くされていた。

 

彼は自分の成果に満足して笑みを浮かべた。

 

そこで目が覚めた。

 

その翌日からインフルエンザは急に勢力が衰え、5日もしないうちに患者はほとんどいなくなった。

 

「自分でも知らないうちに、実は大変凄いことをしちゃったみたい」

 

他人にこそ言わなかったが、彼はこっそりとそう考えている。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ