怪奇な事がよく起こる峠の狐道

峠

 

これは、とある峠での奇妙な話です。

 

その峠では昔からよく『怪奇な事』が起こります。

 

まずは祖父から聞いた話から。

 

昔に祖父がその峠越えをした時のこと、助手席に乗っていた祖母の気分が急に悪くなり、ゲエゲエと吐き戻したそうです。

 

車を止めてしばらく休んでいると、車の前を“2メートル近くある巨大な狐”がゆっくりと横切っていきました。

 

その狐が車のライトに照らされたせいか、目が真っ赤に見え、ちょうど鬼灯(ホオズキ)のような感じだったそうです。

 

そして次に、私が同じ場所で体験した話です。

 

学生時代、その峠をバイクで夜に越えた時でした。

 

そこは全くの一本道のはずなのに、何度も同じ場所に出て来るのです。(三度ほど)

 

気味が悪くなりつつそのまま進むと、いつの間にか前後に車が走っていることに気付きました。

 

少し安心した私は、ものすごく急な坂を上って頂上に達したところ、すぐ前を走っていたはずの車が忽然と消えていました。

 

慌てて後ろを見ると、後ろの車も消えていました。

 

この辺は地形が複雑で、そこが何処の県なのかがよく分かりません。

 

ただ一つ言えるのは、昔から『狐道』と言われる道が存在して、私が通った道はその道の一部だそうです。

 

聞くところによれば、伏見のお稲荷さんから豊川のお稲荷さんへ続く道らしいのですが・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ