魚よ、世界から消えてくれ。

ボラ

 

これは、長い年月のあいだ続いている不可解な体験話。

 

子供の頃のこと、ベッドに40~70センチの生きた『ボラ』が落ちていた。

 

俺は一人っ子なので、こんなイタズラをする者は家にいなかった。

 

結局、じいちゃんがつまらなそうな顔をして粛々と捨てていた。

スポンサーリンク

今ではシラスしか食えない

学生生活を終えて大人になり、新宿ビル街の都庁前あたりを歩いていた時、唐突に上から大きな魚が降ってきて、アスファルトの上でビタビタと暴れていた。

 

ボラだった。

 

周りはどうせトラックの落とし物と思うのか、関心を寄せる人は皆無だった。

 

ボラは後続車に轢かれて体の半分が潰れた。

 

誰もがスルーしている中、一人の普通っぽいサラリーマンがひょいとそれをブラ下げて、ゆっくりとした足取りで去っていった。

 

俺は親父になり、やや死のうかな・・・と思いながら川面を眺めていた時、体の半分が潰れたボラが悠然と泳ぎ去っていった。

 

さらに歳をとり、釣りしていた時に外道のボラがかかってしまった。

 

しかし、海面からボラを上げたあたりで急に貧血のようになり、気づいたら釣り座に横たわって寝ていた。

 

なぜかボラを頭から丸かじりにして、口から魚体をはみ出させる形だった。

 

意識が戻った時にはボラは完全に死んでいたことから、たぶん意識の無かったのは5分か10分くらいだろう。

 

長い年月の間の出来事だから偶然が重なっただけだとは思うが、なんだか気持ちが悪い。

 

おかげで、もう魚を食う気がしなくなった。

 

今ではシラスしか食えない。

 

煮干し以上の大きさの魚は怖い。

 

つい最近、西新宿の公園の中で、ボロボロの大きな血まみれの魚を下げた男とすれ違った。

 

ただ男の服装が変で、それなりに本格的な神社の神官みたいな恰好をしていた。

 

なんなんだよもう・・・。

 

魚よ、世界から消えてくれ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ