新規開店するスーパーのバイトにて

店内

 

これは、僕が学生の頃に体験した話です。

 

夏休みのバイトで、内装の軽作業をやることになりました。

 

作業内容は、ある田舎町に新規開店するスーパーの棚の搬入です。

 

ただ、2日間のバイトの予定でしたが、天候や事故などのトラブルで3日間に延びました。

 

開店まで時間がないということで、最後は徹夜での作業になりました。

 

最終日、バイトの人員で残っていたのは、僕と友人、そしてフリーターらしき中年男性の計3人。

 

深夜便のトラックを待つ間、作業責任者は僕らに仮眠をとるよう言ってきました。

 

僕らは売り場にダンボールを敷いて、それぞれが寝付いたのは0時を過ぎた頃だったと思います。

 

時間が過ぎ、僕が悪夢にうなされて目を覚ますと、傍らの友人はうめき声をもらしていました。

 

どうやら金縛りにあっていたようです。

 

僕は友人を揺すって起こすと、小さな悲鳴をあげて硬直から解放されました。

 

「なんか、中年のおっさんが圧し掛かってきた!」

 

そう言う友人は、金縛りのようなものは初めての体験だったらしく、かなり動揺していました。

 

「そいつはヤマモトカズオって名前じゃなかかったか?」※名前は仮名

 

僕は、とっさにそう尋ねました。

 

なぜなら僕が見た悪夢は、その『ヤマモトカズオ』という名前の中年の男が殺されるものでした。

 

何者かがヤマモトカズオに馬乗りになり、刃物を突き立てているシーンが脳裏に焼きついていました。

 

「何だよ、それ!?」

 

友人と僕は、今しがた起こったことを興奮しながら語り合いました。

 

そして、少し離れて寝ていたフリーターらしき男性を目で探しました。

 

彼も同じような目に遭っているのでは、と思ったからです。

 

バイトの間、彼とは個人的な会話はありませんでした。

 

後に知りましたが、どうやら失業中で求職中とのことだったようです。

 

ずっと顔色が悪く、病み上がりのような感じもしました。

 

その彼の姿が見当たりません。

 

作業責任者が僕らを呼びに来た時も、彼は現れませんでした。

 

結局、彼は失踪という扱いに。

 

今となっては、あの夜の出来事が何だったのか、想像するしかありません。

 

そして、『ヤマモトカズオ』という名前だけが、これからも僕の記憶に残るのは確かだと思います。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2021年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

【特集】過去の年間ランキング

(2019年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2019年・怖い話ランキング20
(2018年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ