後日改めてお礼をするために

廃墟

 

あれは、まだ幼稚園に通っていた頃だと思う。

 

当時住んでいたマンションの前は、漁船がぽつぽつ停まっている漁港のような感じだった。

 

そんな場所で補助輪付きの自転車に乗って、前を走る姉を追いかけていた。

 

その時、何かに気を取られて、よそ見をしたまま自転車をこぎ続け、無意識のうちにハンドルが海に向かっているのに気づかず、「あっ!」と思った時にはもう身体は宙に浮いていて、直後に海に落ちた。

 

すぐに近くで釣りをしていたおじさんが飛び込んで助けてくれて、大した怪我もなく済んだ。

 

そして、姉が走って連れてきた両親がそのおじさんにお礼を言って、後日改めてお礼をするために住所を聞いた。

 

しかし、後日その場所に向かったのだが、どうみても人が住んでいるとは思えない“ボロボロの廃墟”だった。

 

両親が「うーん、でもここだよなあ・・・」とオロオロしていると、近所の人だかが声をかけてくれて事情を話した。

 

すると、「この家の人はもう何年も前に引っ越して行ったよ」と教えてくれた。

 

おじさんが煩わしくて適当な住所を言ったのか?

 

うっかり引っ越し前の住所を言ってしまったのか?

 

両親が家を間違えていたのか?

 

真相はきっと「なーんだ」で終わるようなことだろうが、ボロボロの家の門の前にお礼の品を置き、そのまま帰るしかなかったあの時のことを思い出すと、助けてもらっておきながら少し背筋がゾッとする。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ