犬隠しと呼ばれていた谷地

山

 

これは、知り合いの話。

 

彼は昔、犬を連れて猟をしていたという。

 

「気持ち悪い山があったんよ。

 

山というか谷地なんだけど、“そこへは絶対に犬を連れて行ってはいけない”と言われていたんだ。

 

近寄っただけでも、犬は尻尾を足の間に入れて怖気づいてしまうらしい。

 

うっかり足を踏み入れようものなら、いつの間にか連れていたはずの犬がいなくなっているとか。

 

目を離した覚えもないのに忽然と姿を消すらしい。

 

それに一旦尻尾を巻くと、もうその犬はダメなんだって。

 

なんとか離さず家に連れ帰っても、その日の夜のうちにいなくなってしまうんだとさ。

 

あそこには“犬に執着する何かがいる”と言われていたんよ。

 

だから僕は近寄りもしなかった。

 

愛犬がいなくなると凹むだろうからね」

 

『犬隠し』。

 

その谷地は、そう呼ばれていたそうで。

 

何が犬を獲っていたのかは、今では誰もわからないという。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ