時の狭間に迷い込んでしまう

時計

 

これは、2ヶ月ぐらい前に体験した話。

 

もしかしたら夢だったのかもしれないが。

 

その日の朝、起きたのが10時だった。

 

「もう10時か・・・」

 

大学は9時30分から始まるのだが、いつも少し遅刻して行く俺は焦ることはなかった。

 

ちなみに、家から大学までは3分ぐらいで着く距離にある。

 

前日の残り物の朝食を食べ、ダラダラと支度をしていたので、大学に着いたのが10時24分だった。

 

ただ、大学の中には人は全くいなかった。

 

ゼロの状態だ。

 

俺は「みんな授業にちゃんと出てて偉いなぁ」と、そんなことを思っていた。

 

そして教室に向かった。

 

教室に着いて中に入ってみると、ここにも誰もいない。

 

「あれ?もしかして教室を間違えたか?」

 

時間割を確認すると、間違いなく今日の講義がある教室だった。

 

状況がわからず「おかしいな・・・」と思いながら部屋を出ようとした瞬間、携帯が鳴った。

 

ただ、携帯の着信表示が『NOBODY』という英字だった。※NOBODY=直訳すると「誰でもない」

 

普通なら、こんな英字なんて絶対に表示されない。

 

しかし俺はこの時に何を思ったか、電話に出てしまった。

 

「はい、もしも・・・」と言った瞬間に、「お前、何でここにいるんだ!」と向こうからの怒号。

 

おっさんの声だった。

 

「あなた誰ですか?」

 

「そんなことはどうでもいい!どうやってここに入ってきた!?」

 

「はい?あなた何を言ってるんですか?」

 

「外を見てみろ!」

 

「いたずら電話は止めてください」

 

そう言って、俺は一方的に電話を切った。

 

しかし少し気になって、2階の教室のベランダから外を見てみた。

 

大学のグラウンドが見える。

 

その中央に、おっさんが一人立っているのが見えた。

 

よく見ると、携帯電話らしきものを耳に当てている。

 

まじまじと見ていると、突然おっさんが俺の方にゆっくりと顔を移動させた。

 

「ヤバイ!」

 

俺はとっさにそう感じた。

 

次の瞬間、おっさんはポケットに手を入れた。

 

何かわからないが危険と察知した俺は、ベランダからダッシュで出ると、そのまま教室からも退散した。

 

その時、体が伸びるような、初めての感覚に襲われた。

 

「な、なんだ!?」と少しパニック状態のまま、そこで目が覚めた。

 

自分の部屋で俺は寝ていた。

 

時刻は8時ちょうどだった。

 

「不思議な夢を見たな・・・」

 

そう考えながら大学に行く準備をしていると、ある異変に気がついた。

 

冷蔵庫を開けると、前日の夕飯の残り物がなかった。

 

台所には、それを入れていた食器だけが置いてある。

 

俺は今でも思う。

 

あの時に見たおっさんは、もしかして“時の番人”ではないのか?と。

 

ただ、おっさんの声も、見た時の姿などは一切覚えていない。

 

しかし何故かはわからないが、“おっさんだった”ということだけは覚えている。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ