通学路にだけ現れていた不気味なバス

車

 

これは、私が中学と高校の時に体験した不気味な話。

 

ある日の中学校からの帰りのこと。

 

電車通学だったけれど、学校から駅に行くまでは8分くらい歩かなければいけなかった。

 

仲の良い友達といつものように歩いていると、“1台のバス”が前方からやって来た。

 

そのバスは見た目がかなりのオンボロで、「廃車みたいだなぁ」と思っていた。

 

そしてバスが私と友達の横を通り過ぎた時、そのバスの座席に座っている人たちを見て、私は思わずビクッと驚いてしまった。

 

・・・というのも、バスの座席は満員で沢山の人が乗っていたけれど、“全員が同じ顔をしていた”から。

 

バスが見えなくなってから、私は友達に「今の見た!?ヤバイよ!全員同じ顔しててめっちゃビビったんだけど!」と言った。

 

すると、「はぁ?何言ってんの?全員同じ顔とか意味わかんない」と、笑いながら返された。

 

話をよく聞いてみたところ、友達にはあの不気味なバスが普通のバスに見えたそうで。

 

一緒にいる友達にそう言われて、「見間違いだったのかなぁ?」と、その日はそれで終わった。

 

それから3日くらい経った頃、またあの不気味なバスが前方からやって来た。

 

私はとっさに顔を伏せてしまったけれど、「見間違いなのか?そうではないのか?」がとても気になったので、意を決してバスに視線を向けた。

 

見間違いではなかった。

 

やはり、客の全員が同じ顔をしていた。

 

それ以降、バスは短くて3日に1回、長くて1ヶ月に1回、私の前に現れるようになった。

 

同時に、そんな不気味なバスにも慣れてきた私は、「おっ、今回は1週間かかったか〜」なんてことを考えるようにもなった。

 

そうして日が過ぎていき高校に進学したけれど、中高一貫校だったので通学路は変わらず、バスも相変わらず私の前に不定期に現れた。

 

ただ、高校に上がった頃から、バスに乗っている客に変化が現れ始めた。

 

それまでは皆が色んな方向を向いていたけれど、少しずつ視線が同じ方向に向いていることに気がついた。

 

客の顔は少しずつ窓の方、つまり私達の方へと向き始めていた。

 

そのことに恐怖を覚えた私は、バスが前方から来ても、そちらの方へ向くことをやめた。

 

そして高校を卒業し、上京した。

 

それから数年が経った今、すっかりバスのことを忘れていたけれど、ふと思い出した。

 

ただ、上京してからは見ていないので、多分あのバスはあの通学路にしか現れないのだろうと思う。

 

もしあのまま見続けていたら、私もあの乗客の仲間入りだったのかもしれない・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ