扉の隙間から覗いていた両目の怪

両目

 

これは、10年ほど前の体験話。

 

前に住んでいた家は、ちょっと京都では有名な料亭。

 

もう店は畳んでしまったけれど、100年近くやっていたこともあってか怪談話なんてのは沢山あり、親からよく聞かされていた。

 

例えば、「もう閉鎖したお風呂に落ち武者が出る」だとか、「夜中にお座敷で白い着物の仲居さんが働いていたり」とか。

 

親は時々それらを見ていたらしいけれど、私は全く見たことがなくて、怖いと思う反面、正直なところ信じていなかった。

 

でも一度だけ、私も少し怖い体験をしたことがある。

 

当時の我が家は、お店を含んだ敷地内に自宅があった。

 

自宅はお客様から見えないように木の塀で隠してあり、塀の横の石畳を通ってお客様は奥手にあるお店に入る。

 

その木の塀には扉が埋め込んであり、家族はそこからさらに自宅の玄関を開けて家に入っていた。

 

ある日、家から出ようと玄関を出て木の扉に手をかけた時、少し開いた隙間から両目が覗いていて、私は思わず大絶叫してしまった。

 

その直後、扉の反対側から母が血相を変えて飛び込んできた。

 

なので、私は「なぁ~んだ、勘違いか~」と笑い、大声を出したことを少し怒られてから、何事もなくいつも通りの日常に。

 

ただ次の日、友達にその話をしていた時に、あることに気がついてからゾッとした。

 

向こうから覗いていた目の位置が、私と真っ直ぐに見つめ合っていたから…。

 

母と私は身長10センチほども違うのに。

 

それに、覗いていたのは両目で、扉の細い隙間から下記のように縦に並んでいた。

 

<◎><◎>

ではなくて…






 

未だにあれは誰の目だったのかわからないし、もし自分で扉を開けていたらどうなっていたんだろう、と思うことがある。

 

当時はさすがに、その時から少しの間、扉を開けるのを躊躇った。

 

「開けたら何かいるんじゃないか…」と。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2023年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

【特集】過去の年間ランキング

(2021年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2021年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ