たまたま後ろを向いたらソレがあった

軍隊

 

これは、私が十数年前に自衛隊に居た時に、ある演習場で起きた不可解な出来事です。

 

当時、夜間歩哨訓練で、穴に二人一組で警戒をしていました。※歩哨(ほしょう)=警戒や見張りの任にあたること

 

時間も経ち、交代がやって来て、異常無しの申し送りをしてすぐ裏の天幕に入った矢先でした。

 

「うわーっ!!」

 

今さっき交代したばかりの者の叫び声が響きました。

 

何だ何だと小隊長以下20名近い隊員が飛び出して駆けつけると、歩哨の穴のすぐ裏に、“身体が半分になったまだ温かいウサギの死体”がありました。

 

不思議だったのは、私が交代時にそこには何もなかった事と、警戒していた者は音も気配も感じなかったという事です。

 

気付いたのは、たまたま後ろを向いたら「ソレがあった」との事でした。

 

しばらく周囲を捜索し、原因も掴めないまま訓練続行となりました。

 

皆、見えない恐怖に怯えていました。

 

私に至っては、「仮眠せずに天幕の人数を確認して1時間毎に報告しろ」との任を頂きました。

 

結局、猛禽類の仕業が有力と思われましたが、ウサギをそこまでした者の正体は掴めぬままでした。

 

後日、他の小隊の天幕でも、仮眠をしていたら頭をしつこく撫でられることもあったそうです。

 

これらの出来事を、未だ不思議に思っています。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ