よるのおじいさんがきてる

藪

 

これは、かなり昔に叔母から聞いた為、うろ覚えで多少の脚色は混じっているかもしれない。

 

怖いというより、奇妙で不思議な体験話。

 

私の叔母一家がキャンプに行った時のこと。

 

今のように便利な道具が簡単に揃うわけでもなかったので、夜は早く、それは暗かっただろう。

 

夕食を食べて、星を眺め、隣のテントの大学生と一緒に酒を飲みながら歓談したりして夜は更けていく。

 

と、そこに当時小学3年生ぐらいだった甥っ子がやって来て、一言。

 

「よるのおじいさんがきてる」

 

甥っ子は泣いていたり笑っていたりしていたわけでもなく、眠そうではあったが、まるで隣の人が訪ねて来たと報告しているような感じだった。

 

なので叔母は、近くのテントの人かキャンプ場の人が来ているのかと思い、「どこに?」と尋ねた。

 

「あっち」

 

甥っ子が指差した方は、“藪”

 

その後ろには森。

 

誰も居ないし、何もない。

 

…いや違う。

 

焚火から目を外し、だんだんと闇に慣れてくると何か『黒いもの』が居た。

 

「何あれ?」と、隣に居た旦那さんに語りかける叔母。

 

何事かと大学生のグループも目を向けた。

 

全員が闇に目が慣れてくる。

 

次第に呟き合う。

 

「何だあれ?」

 

「熊か?」

 

「いや、細い」

 

やがて全員の目の前で、すぅっと溶けるようにソレは森の中へ消えた。

 

全員無言…。

 

しばらくして、旦那さんがポツリと漏らした。

 

「まぁ、山だからな」

 

そんな言葉に、全員が何となく納得したそうな。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ