空っぽの犬小屋へ入る四つん這いの影

犬小屋

 

これは、顔馴染みから聞いた話。

 

彼の家の前には、ものすごい豪邸があるらしい。

 

そこの庭の一角に、これまた豪華な犬小屋が置かれている。

 

ちょっと前まで立派な犬がいたのだが、今は死んでしまったのか、何もいない。

 

ある寝苦しい夜、ぼんやりとそこの庭を眺めていると、何やら動く影が見えた。

 

芝生の上を大きなものがうろうろしている。

 

どう見ても、『四つん這いになった人の影』だった。

 

息を殺して見ていると、やがて影は犬小屋の中へ入っていった。

 

それからすぐに、母屋から人が出てきた。

 

顔見知りの住人だ。

 

懐中電灯で足元を照らしながら、犬小屋の方へ向かっている。

 

小屋の前まで辿り着くと、電灯の光をその中へ向けた。

 

犬小屋の中には、何の姿も見えなかった。

 

彼の目線からでも、空っぽの小屋内が見えたのだという。

 

彼が見ていた間に、犬小屋から出ていったものはない。

 

さっき入っていった影は、宙に溶けるように消えていた。

 

住人は首を傾げながら母屋へ帰っていく。

 

彼はそこでカーテンを閉め、それ以上は庭が見えないようにしたのだと。

 

その後、何度かその住人と顔を合わし会話をしたが、あの夜の影については結局は聞けていないままなのだそうだ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ