彼の家で感じる嫉妬のような気配の正体

家

 

彼の家に泊まっていた時の話。

 

元々私は好奇心でオカルトに興味を持っていて、実家のすぐそばが自殺の名所のせいもあってか、ポルターガイスト的な霊障がよくある環境だった。

 

でも私自身に霊感は無いと思っていたし、その霊障みたいなものも半信半疑というのか実害は無いのでどうでもいいと思っていた。

 

冒頭の通り、月に数回、彼の家族が家を空ける時に泊まりで遊びに行っていた。

 

そのうち二回に一回くらいの頻度で、ふいに玄関から二階にある彼の部屋の前までを『何か』が上がっていく気配を感じることがあった。

 

気のせいだとは思っていたけれど、その気配は悪意とはいかないまでも、私に不満があるような、嫉妬のような、そんな雰囲気があってなんとなく気になっていた。

 

最近になって彼にその話をしたところ、「それ、うちの先代の犬かもしれない。玄関が定位置で、遊んで欲しい時は階段を駆け上がってきて扉にちょっかい出してたから」と言われた。

 

犬は女の子だったそうで、人間に例えればスケバンやらヤンキーのように気が強いやんちゃな子だったそうで。

 

私が感じていた気配からの不満は、ひょっとして私への嫉妬なのかな?と思った。

 

その犬にも認められるように努力したいと思いつつ、自分には無いと思っていた霊感がもしかしたらあるのかも?と少し怖くなった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ