国道沿いに結ばれたビニール袋

 

山口県某市、

 

国道2号線沿いの

植え込みの低い木の枝に、

 

コンビニやスーパーの

ビニール袋が結んである。

 

この袋は誰が何の目的で

結び付けているのかは分からないが、

 

袋が開いた状態で、

片側の持ち手部分を結び付けており、

 

ちょうど吹き流しが風になびく様子を

想像して頂きたい。

 

しかも、

 

交通量が多い車道側に

結んであるのは、

 

危険を省みずこの行為に

及んでいるのだろう。

 

これだけなら『謎のビニール紐』の類

で終わりだが、

 

少しタチが悪い噂もある。

 

それは以下の様な話しだ。

 

その袋には血液の様なものが

付着している。

 

結んであった袋が移動している。

 

車を運転中に袋に気を取られて

事故りそうになった。

 

あるいは事故に遭った等。

 

実際に、ここの現場付近では

重大死亡事故が何度も起きており、

 

地元の警察署や自治体が、

 

交通安全祈願の観音様(かなり巨大な)

寄贈している位だ。

 

つい先日、

 

友人がこの道路で事故り、

あばら骨を骨折、

 

肺に突き刺さるという

大怪我をした。

 

幸い一命は取り留めたが。

 

事故前後のことは

全く記憶に無い状態で、

 

関係があるかは不明である。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ