一時流行った幽霊が見れる方法

天井

 

これは、私が中学生だった頃の話です。

 

学校や家の近所の周りで、『幽霊が見れる方法』というのが一時流行りました。

 

その方法は簡単なものです。

 

まず、部屋をできる限り真っ暗にします。

 

そして布団の上で仰向けになり、自分の胸の上に手を持っていき、しっかりと両手を合わせます。

 

その恰好のまま、部屋の天井の四隅をそれぞれ5秒ほど見た後、目を瞑ります。

 

次に目を開けた時、「そこには幽霊がいる」ということでした。

 

まったく霊感もなく、それまで幽霊らしいものを見たことがなかった私は、それを知ったその日の夜に試してみました。

 

四隅を見終わり、目を閉じました。

 

少しドキドキしながら、ゆっくりと目を開けると…。

 

何もいませんでした。

 

暗闇があるだけです。

 

「はいはい、そんなもんだよね」

 

そう思い、起き上がって部屋の明かりをつけようとした時、耳元で「まだ終わらせないよ」と言う女性の声が聞こえました。

 

私は声にならない悲鳴を上げ、急いで部屋の明かりをつけると、もちろんそこには何もいませんでした。

 

テレビなどの音が出るようなものもついていません。

 

私はそれ以降、これは怖くてやっていません。

 

もしあなたが幽霊と遭遇したければ、試してみるのもいいのかもしれません。

 

ただ、何か起こっても全て自己責任でお願いします、ね。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2023年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

【特集】過去の年間ランキング

(2021年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2021年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ