目を閉じると脳裏に映る映像

 

ある日、

大学の講義が終わり、

 

自宅のある区域に向かう

JRに乗ってたんだ。

 

よほど疲れていたんだろう。

 

本来の降りるべき駅を過ぎてしまい、

気づいた時には2駅ほど離れてしまっていた。

 

慌てて電車から降りて、

本来の駅へ向かう電車を待っていた。

 

何回かこういうことがあったから、

そこは落ち着いて対応出来たと思う。

 

時刻表を見ると、

35分後くらいに電車が来ると分かった。

 

定期だから切符も買わなくていいし、

 

その後10分ぐらいは携帯をいじって

暇を潰していた。

 

携帯を見ると、

時刻は午後8時半。

 

辺りも暗くなり、

駅にいるのも自分だけ。

 

3分後くらいに違う方向へ向かう

電車が来て数人増えたが、

 

それでも少ない。

 

携帯を見るのも飽きて、

ふと向こう側のホームに目を向けると、

 

ベンチにサラリーマン風の男性が

座っているように見えた。

 

見えた、というのも、

 

その人のいるホームは、

 

こちら側のホーム同様に薄暗くて、

よく見えなかったからだ。

 

(今思い返してみると、

 

その人の周りはなぜか暗かった

ような気がする・・・)

 

気になったので、

 

あと15分くらいで電車が来ることもあり、

向こう側のホームへ行くことにした。

 

(帰る方向の電車は

向こうのホームだった)

 

向こう側に行く階段を上っていき、

ホームに着いた。

 

だが、見渡すと、

 

さっきまでいたはずの男性が

いなくなっている。

 

あれは見間違いだったのか?

そう思いながら、

 

私はなんとなく男性が座っていた

ベンチに座った。

 

何分か経った頃、

 

だんだんと頭や体がだるくなり、

重くなってきたように感じていた。

 

気のせいだと思いつつも、

電車を待ち、

 

気がつくと何人か人がおり、

電車が来る時刻になっていた。

 

だるい身体をなんとか動かして

電車に乗り込むと、

 

少しは身体が楽になり、

 

電車が発車する頃には

普通の体調に戻っていたと思う。

 

10分くらいした時だろうか。

 

正面から視線を感じる。

 

目を開けると左前に人はいるが、

正面の席には誰もいない。

 

(四人掛けの場所だった)

 

おかしい。

 

確かに視線を感じたのに。

 

気のせいか?と思い、

また目を閉じる。

 

また感じる。

 

そのうちに、なぜか頭の中が

圧迫されたように感じ、

 

目を閉じてみると、

 

長い髪をした20代の女性が私をジ―ッと

見ている映像が浮かんできた。

 

こんなことは初めてだったので、

 

なんだこれ、気分悪い、

と思って目を開けるといない。

 

しかし、閉じると再び

同じ映像が浮かんでくる。

 

そのうち、『私が誰なのか?』

自分でも分からなくなってきてしまった。

 

頭はどんどん重くなり、

 

声を出そうにも胸が圧迫された

感じになっていて、

 

何も出来ない。

 

その間にも視線は相変わらず

私に向いていた。

 

その時、

私は何を思ったか頭の中で、

 

「やめろ・・・

私はあなたじゃない・・・」

 

と呟いていた。

 

その瞬間、

 

身体の中からスーッと何かが

抜けていくような感覚がし、

 

それと同時に、

 

視線も頭の中の映像も

消えてしまった。

 

その後は何事もなく、

帰路に着くことが出来た。

 

ただ一つ、

謎の後遺症があったけど・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ