某大手メーカー工場の古いトイレの怪

 

新潟の某大手メーカー工場まで

従業員家族慰安会の営業に行った時、

 

楽屋にあてがわれた応接室から

トイレに行こうとした。

 

応接室を出ると、

廊下に係りの人が待機していて、

 

「どうしましたか?」

 

E「ちょっとトイレに行きたいんですけど・・・」

 

「それではご案内します」

 

E「え?トイレあそこでしょ?

あそこにWCって書いてあるじゃない」

 

「いえ、向こうに新しいトイレが

ありますので・・・」

 

E「いいですよ、あそこで。

小便ですし」

 

「それでは一緒について行きます」

 

Eさんが一人でトイレに入った瞬間、

嫌な感じを覚えた。

 

うっすらホコリが積もり、

普段使われている様子ではなかった。

 

4つある便器の一番手前で

用を足していて、

 

ふと見ると一番奥の便器で

小便をしている男がいた。

 

足音も何もしなっかたのにと

不審に思いながら手を洗い、

 

鏡を見ると誰もいない。

 

『えっ?!』

 

と思って振り返ると、

男がまだ用を足している。

 

再び鏡を見てみると、

今度は男がはっきり映っていた。

 

『何かいる!』

 

気持ち悪くなったEさんは

外に飛び出し、

 

外で待っていた係員に、

 

E「今、誰か入りましたか?」

 

「いえ、誰も入っていませんが・・・」

 

E「おかしいな・・・

ちょっと中を見てみてくださいよ」

 

「誰もいませんよ?」

 

E「いや、絶対いたから!

 

そこの鏡を見てみてよ、

映るかもしれないから」

 

「あの・・・Eさん、

 

ここのトイレには鏡なんて

ありませんよ・・・

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ