人気のない雑居ビルのエレベーター

 

運送会社の配達員をしていた頃の話。

 

いつも通り、

昼間の配達に回っていた。

 

それは繁華街の路地裏にある、

築うん十年も経ってるであろう、

 

古くて人気もない雑居ビルに

行った時のこと。

 

真夏だったし、

 

かなり上階へ昇らなければ

いけなかった為、

 

つい怠けてエレベーターを

使おうとした。

 

上のボタンを押すと、

すぐ扉は開いた。

 

「うわあああ!!」

 

と突然女性が酷い顔をしながら

狂った様に叫び飛び出してきて、

 

思わず後退りした。

 

その女性はそのまま繁華街へと

走って消えた。

 

何だろう?

 

酷い事でもされたか?

ラリってるのか?

 

こんな湿っぽい雰囲気のビルだ、

中で何やってるか分からない。

 

恐る恐るエレベーター内を

覗いて確認するが、

 

これと言って特に何も無い。

 

階段から人が降りてくる

気配も無い。

 

不気味だな・・・、

さっさと荷物置いて出よう。

 

そう思いながらエレベーターに乗り、

そそくさとドアを閉めた。

 

荷物の宛先は8階。

 

・・・おかしい。

 

ボタンが一つしかない。

 

(終)

解説

『ボタンが一つしかない』

 ↓

『閉』のボタンしかない

 

つまり、

 

外から開けてもらわなければ

エレベーターから出られない。

 

先の女性はようやく出られたが、

パニックに陥り叫んでいた。

 

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ