天国行きのエレベーター

東京近郊のとある駅には、

気味の悪い噂があるんだそうです。

 

正確に言うと、

駅のエレベーターに。

 

目立たない死角にある、

 

そのエレベーターに乗ろうと

ボタンを押す。

 

すると、

 

ガラス張りの窓が付いているから、

箱が降りてくる様子がよく見える。

 

まず目に入るのは

暗い縦穴であり、

 

音もなく降りてくる

ケーブルの一部だ。

 

その一瞬だけ見えるケーブルに、

 

なにやら黒いものが乗っている

というのである。

 

人影が、だらりと、

ぶら下がっていることもあるという。

 

この噂のエレベーターは、

それとすぐ分かるのだそうだ。

 

いつ誰が書いたのか

知らないけれど、

 

コンコースの方にもホームの方にも

落書きがある。

 

一方のボタンの字が

刃物のようなもので刻み消されていて、

 

代わりに、「天国行き」

記されているそうだ・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ