村里近くの丘で出会った少年

丘

 

これは、石じじいの話です。

 

じじい曰く、「死者に会ったかもしれない」ということです。

 

ある日、村里近くの丘で、とても元気な少年に会いました。

 

快活でちょっとはにかむ、かわいい少年だったと。

 

少年は色々と自分の生活や周りの山のことを教えてくれて、じじいのことも尋ねてくるので、石を探していること、この辺りには珍しい石がある、と教えました。

 

すると少年は大層喜んで、「僕も見つけたい!」と目を輝かせていたそうです。

 

じじいは少年と山を下りて、少年が求めるので彼の家に立ち寄りました。

 

そこで、彼の祖父と祖母に会い、少しばかりの会話をしました。

 

この少年は、病気療養のために両親の元を離れて、田舎で自分たちと一緒に生活している、ということでした。

 

世間話をして、食事をいただいてから、少年と別れました。

 

その際に少年は「僕も石を見つけるよ」と言い、じじいは「また来年会おう」と約束をしました。

 

さらに少年は、「その時に珍しいキレイな石を持って来てあげる」と。

 

一年が経ち、じじいは少年の家を再訪しました。

 

が、少年には会えませんでした。

 

前年、じじいと別れた後に急に病みつき、回復すること亡くなったそうです。

 

また、じじいと会うことを楽しみにしていた、とも教えてくれた。

 

ちょっと感傷的になったじじいは、少年と出会った丘に立ち寄りました。

 

そよ風が吹く、清々しい夏の昼下がりだったそうです。

 

頂上に佇み、「人の人生などわからないものだ…可哀相に…」と考えていたそうです。

 

その時、急に後ろでガサッと音がしました。

 

じじいはすぐに振り向きましたが、誰もいません。

 

待っていても、その後は音がしない。

 

じじいはリュックに手を伸ばしましたが、その時にまたガサッと音がしました。

 

しかし、振り向くと何もいない。

 

その後は無音。

 

じじいは再びリュックに視線を戻して、じっと待ちました。

 

すると、ガサッと。

 

もう、じじいは振り向きませんでした。

 

すると、さらにガサッ、ガサッ、ガサッ…。

 

何かがゆっくり歩いて近づいて来ていると思ったそうです。

 

じじいは少し怖くなりましたが、我慢して顔を伏せていました。

 

その足音は、どんどん近づいて来ます。

 

でも、じじいは我慢しました。

 

そして、その足音はじじいの背後で立ち止まったそうです。

 

それでも、じじいは振り向きませんでした。

 

「どがいなかな?ええ石は見つかったかな?おっちゃんはキレイな石を持って来てあげたで。あげるけん、持っていったらええが」

 

背後の何者かは、何も答えなかったそうです。

 

「おじいちゃんらに会うて来たで。大変やったな。よう堪えたな。さてぇ、おっちゃんもそろそろ行こうまい。元気でおりんさいよ」

 

じじいはそう言って、少年へのおみやげとして持って来た青い石をそこに置いて、ゆっくりと立ち上がりました。

 

そして、やっぱり振り向かずに手を振りながら、そこを離れました。

 

足音は少しの間、じじいの後を付いて来たように思えたそうですが、その気配はすぐに消えたそうです。

 

セミがやかましく鳴いていることに、歩き始めて気がついたそうです。

 

「それは、その男の子の幽霊やったん?お経とか唱えたん?」

 

「わからん、人みたいやったけど。お経は唱えなんだよ。唱えんといけんような相手とは思えんかったんよ」

 

「その後、そこにまた行ったんかな?」

 

「行ったで。次の年も、その次の年もな。そやけどな、もうその足音ちゅうか人は来んかったい」

 

安堵したと同時に、寂しかったそうです。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ