オバケが見えていた小さかった頃

 

オバケって本当にいると思います。

 

まだ小さかった頃、

私にはお姉ちゃんが見えていました。

 

いつも同じ汚い服を着て、

一緒に住んでいました。

 

でもある日、

お姉ちゃんは見えなくなりました。

 

しばらくして、

パパとママが宝くじを当てました。

 

貧乏だったからそんな白昼夢を

見たのだと言われました。

 

今はとっても幸せです。

 

でもそろそろ宝くじのお金が

無くなるって聞こえてきました。

 

また貧乏になっちゃうのかなあ。

 

(終)

解説

お姉ちゃんは保険金を掛けられて、

両親に殺されてしまった。

 

まだ小さかった私は、

お姉ちゃんをオバケだと思っている。

 

保険金も手に入った後に

宝くじも運良く当たり、

 

しばらくは裕福に暮らせていたが・・・。

 

そろそろお金が尽きそうなので、

私の命も保険金と引き換えにされる。

 

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ