同棲していた男が逮捕された後

 

昔、かなり年上の男と

同棲し始めてから3ヵ月後。

 

その男が逮捕され、

私も警察に呼ばれ事情を聞かれた。

 

警察では「好きなものを取っていいよ」と、

そば屋のメニューを見せられ、

 

天ぷらうどんをご馳走してもらった。

 

冷たいものを飲みたいと言ったら、

 

水が出てくると思ったが、

缶のお茶をくれた。

 

落ち着いた頃に警察は、

 

「彼はしばらく出て来れないと思うよ」

 

・・・と。

 

聞けば、

彼は前科14犯だった。

 

飲酒運転で捕まった過去は知っていたが・・・。

 

帰りには普通の車で家まで送ってくれた。

 

それから数日が経って、

彼が拘置所に移された後、

 

警察官二人が心配して

様子を見に来てくれた。

 

玄関を開けた時の最初の一言が、

 

「おお!生きてるか!?」

 

だった。

 

警察は思ったよりも

優しい人ばかりだったなあ。

 

(終)

解説

この女性はストックホルム症候群で、

 

実際は同棲していたわけではなく、

拉致監禁されていた。

 

ストックホルム症候群とは(wikipedia)

 

二人の警察官は、

 

その事実を知った女性が自殺していないか

心配で様子を見に来たが、

 

女性はまだその事実に気付いていなかった。

 

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ