登山者の遺体を見つけてしまってから

警察署

 

これは、山仲間の体験話。

 

地元の里山を歩いていると、“登山者の遺体を見つけてしまった”という。

 

慌てて通報し、警察へと引き渡した。

 

だが後日に「奇妙な点がある」と言って、警察の者が再び彼の元を訪れた。

 

件の登山者の死因について、どうも『滑落による墜落死である』と判断されたのだという。

 

しかし遺体が見つかった所は、だだっ広くてなだらかな野原だった。

 

近くに滑り落ちてくるような高所など見当たらない。

 

どうやら彼は、死因に何かしら関係があるのでは?と疑われていたらしい。

 

とはいえ、彼と死んでいた登山者とは何の関係もなく、面識さえなかった。

 

しつこく調べられたそうだが、結局この件は『事故死として処理された』そうだが…。

 

「死んだ人って他県の人だったらしいんだけど、一体どこから落ちたんだろう?」

 

疑いが晴れてホッとした様子の彼は、不思議そうにそう言っていた。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ