私を連れ去った独身男からの求婚

部屋

 

いきなり『求婚』してきたバイト先の独身男。

 

歳は一回り年上。

 

ある日、気が付いたら、その独身男の実家に連れ込まれていた。

 

私には記憶が全く無いのに・・・。

スポンサーリンク

完全に狂っていた親子

その独身男が仕事に行ってる間は、その母親が私を監視する。

 

母親も息子に怯えていた。

 

「帰らせて!」

 

そう言うと、布団でグルグルに巻かれたり、仕事から帰ってきた息子に報告されたりした。

 

夜になると襲われそうになり、苦肉の策で「初めてはクリスマスがいい」と言ったら、独身男はあっさり了承して(私の)下着を大量に買い始めた。

 

独身男「俺と一生一緒にいろ!」

母親「息子と結婚しろ!」

 

ケーキを私に食べさせながら、執拗に同じ言葉を繰り返す親子。

 

お腹一杯と言っても、どんどん食べさせてきた。

 

独身男には父親はいなかった。

 

私は携帯も財布も取られていた。

 

私は家へ逃げ帰るために二人を油断させようと思い、料理を作ったり、ニコニコしたりした。

 

二人とも喜んで、今度はアクセサリーや服を大量に買ってきた。

 

それを私に着させて、ずっと眺めていた。

 

まるで私は二人の”着せ替え人形”のようだった。

 

独身男が仕事に行ってすぐ、母親の肩を揉むフリをして手首を縛った。

 

すぐさま私は家へ電話した。

 

独身男の母親が、叫びながら体当たりしてきたりした。

 

私はその家を飛び出し、近くの酒屋へ逃げ込んだ。

 

そこでしばらく隠してもらった。

 

私の両親が迎えに来てくれた時、私は焼酎のビンを抱えて震えていたらしい。

 

その後、二人は捕まった。

 

もう何年も前の話だけれど、本当に怖かった。

 

そのせいで、今でもアクセサリーは付けられない。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ