非情なタクシー運転手へ恥ずかしい仕返し

タクシーの列

 

ある男が旅先で泥棒に遭い、

 

旅行カバンと財布入りのバッグを

盗まれてしまった。

 

帰りの航空チケットは運良く

背広の内ポケットに入っていたが、

 

空港までタクシーに乗る金が無かった。

 

男はホテルの前で客待ちをしていた

タクシーに乗り込み、

 

運転手に事情を話した。

 

「・・・というわけなんだ。

 

自宅に戻ったら速達で倍の料金を送るから、

空港まで乗せて行ってくれないか?」

 

「ふざけんな、

こちとら商売なんだぜ。

 

金がねぇんなら、

俺の車から出ていきやがれ!」

 

男は何度もお願いしたが、

運転手は頼みを聞いてくれなかった。

 

男はやむなくヒッチハイクをして、

どうにか空港にたどり着いた。

 

一年後。

 

男は同じ土地を訪れ、

 

今度は無事に旅行を楽しんでから

帰路に着いた。

 

ホテルの前で客待ちをしている

タクシーの列を見つけ、

 

先頭のタクシーに乗り込もうとした男は、

 

一年前に非情な対応をされた運転手が、

列の最後尾にいるのに気付いた。

 

そして男は、

 

あの慈善の心を持たない運転手に

仕返しをしてやろうと考えた。

 

男はまず、

 

先頭のタクシーに乗って、

運転手に尋ねた。

 

「空港まではいくらかかる?」

 

「15ドルくらいだね」

 

「じゃあ、50ドル払うから、

途中で俺にケツを貸してくれないか?」

 

「なに!?ふざけるな!

俺はオカマじゃねぇ!

 

とっとと車から降りろ!」

 

男は先頭のタクシーから降り、

 

2台目のタクシーに乗って、

同じように質問をした。

 

2台目のタクシーの運転手も激昂し、

男は車から降ろされた。

 

男は同じ質問を3台目、4台目・・・と、

次々に繰り返しては車から降ろされた。

 

そして最後尾。

 

あの運転手のタクシーに乗り込み、

男は言った。

 

「空港まではいくらかかる?」

 

「15ドルくらいだな」

 

「じゃあ、空港まで頼む」

 

運転手は何の疑問も持たずに

タクシーを出した。

 

前に並んでいるタクシーの横を通り過ぎる時、

 

男はそれぞれの運転手に、

笑顔を向けながら親指を立てた。

 

(終)

スポンサーリンク

解説

「ケツを貸してくれ」

 ↓

『アナルセックスを要求』

 

この男客は断られることを前提に、

他の運転手へ『ケツ』を要求した。

 

そういう男だということを、

事前に思わせたのである。

 

そして最後尾にいたあの運転手は、

この男客を乗せてタクシーを出した。

 

男客は笑顔で親指を立てて、

ケツを貸してくれた!とアピール。

 

つまり、

明日からこの運転手は、

 

『男にケツを貸した奴』

 

という、なんとも恥ずかしい噂が

同僚の間で広まることになる。

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ