その女性を乗せたタクシーが向かった先は

タクシー

(千原ジュニアが語った話より)

タクシー運転手の話。

 

深夜2時頃に神戸を走っていると、一人の女性が手を上げていた。

 

しかしその場所は、夜中に人なんかが絶対に立っているよな場所ではないところで・・・。

 

運転手は気味悪く思いながらも、その女性を乗せた。

スポンサーリンク

これは絶対に幽霊だ

女性に目的地を聞くと、えらい山奥へ行ってくれと言う。

 

運転手は何か嫌なものを感じるも、目的地へと向かう。

 

そして車を走らせながら、“これは絶対に幽霊だろ・・・”と思っていた。

 

こんな夜中に、しかも女一人が山奥へ行けなんて、どう考えてもおかしい。

 

どうせ走っている途中にバックミラーを見ると女性は居なくなっていて、座っていたシート部分がべちゃべちゃに濡れているというオチがすぐ頭に浮かぶ。

 

しばらくした頃、タクシーは山道に突入した。

 

もうナビには何も映らない。

 

どんどん山の奥に入って行く。

 

道中ちらちらとバックミラーを見ながら、そのうち居なくなるんでしょ?と思う。

 

運転手は怖くて仕方ない。

 

(・・・まだ居るな)

 

(・・・・・・まだ居るな)

 

(もうそろそろ居ないだろう・・・ん?まだ居るなぁ)

 

そう思いながらタクシーを走らせていた。

 

次第に道も狭くなり、かなり険しい林道になっていく。

 

そして、車両通行止めの看板が見えたので、ぱっと後部座席に振り返った。

 

すると、女性は居なくなっていた。

 

座席のシートを触ってみたが、どうやら濡れてはいないようだ。

 

(おかしいな・・・どこに行ったんやろ?)

 

運転手は女性を探していると、前方にぶらんと揺れている物体に目が留まった。

 

(何やろ・・・あれ・・・)

 

次の瞬間、運転手の耳元で「見つけてくれてありがとう」という声がした。

 

後に分かったが、その山奥の目的地は、その女性が首を吊って死んだ場所だったそうだ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ