空車のタクシーを止めたつもりが

タクシー

 

これは数年前、ある地方の営業所に出張した時の話。

 

終業後に飲みに連れていってもらい、終電の車内で寝過ごしてしまった。

 

ホテルまでは2駅だったのでタクシーで帰ることにしたが、なかなかタクシーが捕まらない。

 

しばらく歩いていると、『空車』のタクシーがこちらに走ってくるのが見えた。

 

待ってました!と揚々とタクシーを止め、乗り込んでから気がついた。

 

後部座席の奥にはすでに女性が座っている。

 

乗り込むまではまったく気がつかなかった。

 

相乗りか?田舎ではそういうこともあるのかな?と、自分なりに納得した。

 

運転手に聞かれるまま目的地を告げ、タクシーは走り出す。

 

横目でチラリと女性を見ると、かなりの美人であることに気がついた。

 

しかし、なぜかニタニタと薄笑いを浮かべており、気味が悪い。

 

運転手は多弁な男性であり、色々と話題を振られた。

 

私も嫌いではないので、それに乗って取り留めもない会話をした。

 

しかし、運転手は女性に話を振ることはなかった。

 

それに女性はやけにタバコ臭い。

 

車内が…ではなく、明らかに女性がタバコ臭かった。

 

また若い女性にしては珍しく、鞄などを持っている様子がなく、手ぶらのよう。

 

そんなこんなで15分ほどでホテルに着いたが、女性は何も声を発することなく、また私の方を一度も見ることなく、終始歯茎を見せながらニタニタとしていた。

 

タクシーから降りた後、閉じたドア越しに車内を見て驚いた。

 

そこに座っていたはずの女性がいない。

 

タクシーはしばらく進み、Uターンをして道を引き返していく。

 

表示板は、また『空車』だった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2024年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

【特集】過去の年間ランキング

(2022年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2022年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ