完全犯罪で彼女を殺したい男の運命は

現場検証

 

腐れ縁だけで付き合っていた彼女を

殺すことに決めた。

 

高校生時代から長いこと連れ添ってきた女。

 

最近、結婚しろとかウザいから。

 

ただ、気になるのは、

最近の警察が優秀なこと。

 

証拠を残せば逮捕されそうだ。

 

俺に殺人は荷が重いか・・・

 

そんな時のこと。

 

昔の友達に呼ばれて、

家を訪ねた。

 

Kという友達だ。

 

今では人気推理作家として、

それなりに名の売れた存在だった。

 

高校生時代のKは根暗で、

しょっちゅうイジメの対象にされていた。

 

まあ、イジメの主犯格は、

俺と彼女なんだけどさ。

 

Kは笑顔で俺を迎えてくれた。

 

どうやら、昔の恨みは

根に持っていないようだった。

 

最近、喧嘩で出来てしまった、

 

俺の頬の大きな切り傷については

何も聞いて来ない。

 

まあ、俺も聞かれない方が

嬉しいんだけど。

 

一緒にコーヒーを飲みながら、

淡々と語り合う。

 

話の内容は、

Kの仕事についてがメイン。

 

「そうそう、推理作家ってさ、

どういう風にストーリーを考えるの?」

 

とKに尋ねると、

 

「今考えているのはさ、

男が女を殺す小説さ。

 

男は女を自分の家で刺し殺すんだ。

 

で、その後、

 

『帰宅したら家に死体があります』

と警察に通報するのさ」

 

「でも、自分の家で殺すと、

それこそ足が付くんじゃないのか。

 

それに、警察に通報するって・・・」

 

「そこが、この犯人の緻密で

頭の良いところなんだよ。

 

警察も、犯人がそんな頭の悪い行動を

取るとは思わないだろ?

 

だから、男は容疑対象から

真っ先に外れるのさ」

 

「なるほどね。

 

男が気を付けることは他にあるかい?

完全犯罪を狙うとなると大変だろ」

 

「例えばさ、

 

凶器の包丁は近所のスーパーで

堂々と買うことかな。

 

顔を隠したりすれば、

それこそ怪しい。

 

そして、凶器となる包丁には、

しっかりと自分の指紋を残すことだね。

 

それが一番警察をかく乱できるんだ」

 

さすが、

推理作家はレベルが違う。

 

俺は、その計画をそのままもらうことにして、

彼女を殺すことを決心する。

 

Kの家からの帰り際、

意味深にこう言ってみた。

 

「ありがとう。お前と話して、

今日は気が晴れたよ」

 

詳しい事情を何もわかっていないKは、

笑顔でこう返してくれた。

 

「こんなのが役に立って嬉しいよ。

推理小説のネタを話しただけなのに」

 

(終)

スポンサーリンク

解説

高校時代にイジメられていた、

Kの復讐計画である。

 

どうやってなのかは分からないが、

俺と彼女の不仲を知ったK。

 

俺の性格から、

 

おそらく彼女に殺意を持つと

予想したのかも知れない。

 

ここまで犯人の捕まえやすい

殺人トリックを信じ込ませ、

 

俺を殺人罪で逮捕させ、

彼女を殺すことにしたのだろう。

 

そして、Kの最後の一言。

 

『推理小説のネタを話しただけ』

 

殺人教唆にならないように、

Kは最後に言い足した。

 

自分が警察に捕まることがないように・・・

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ