山中での夜戦で遭遇した珍しい狐

サバイバルゲーム

 

これは、仲間内で楽しむサバイバルゲームでの話。

 

以前、人家から相当離れた山中で、数回の夜戦を行った。

 

月明かりがとても明るい、スナイパー好みの夜だった。

 

数戦終えて小さな空き地で小休止していると、そこいらに居そうな中型犬が現れた。

スポンサーリンク

チガウナ、コレデハナイ

そいつは10メートルくらい距離を置いて近づこうとしないが、菓子等を投げると5メートルくらいまで寄って来るようになった。

 

やせ細った犬は、よくよく見ると犬ではない『綺麗な狐』と分かったが、「珍しいな」くらいにしか思わなかった。

 

さあ開戦となり、流れ玉が当たってはと、その狐を追い払ったその時、私を含めた数人がしっかりと見た。

 

それまでダラリと垂れ下がっていたその狐の尾は、1本や2本ではなく何本もあった。

 

その狐は小気味良く飛び跳ねながら、細い林道を横切り、林道の山側へ。

 

その間、二度ほどこちらを振り向いた。

 

その二度目に、低い声で鳴くというより唸り、声のようなものが聞こえた。

 

とても低い声だった。

 

私は『チガウナ』と聞こえたが、他の者は『チガウ』とか、ある者は『コレデハナイ』と聞こえたと、後で分かった。

 

皆は、誰かが「今の狐・・・おかしい」と言うまで、今自分が見た光景が目の錯覚と思い込んでいた。

 

そして、俺も俺もと今見た光景が現実と分かり、”即刻撤収”を止める者などいなかった。

 

話は前後するが、この場所は三週間ほど前に下見に来ていた。

 

もちろん昼間、といっても早朝に近かったが。

 

林道脇に車を止めて、仲間と「この辺りなら」と話していると、二台のジムニーが凄い勢いでやってきた。

 

私の車が邪魔だったので直ぐにどけようとすると、「こんなとこで何しとるんじゃー!」、「さっさとどけんかー!」と、散弾銃を構えたおっさんが降りてきた。

 

両車の後部には猟犬が何匹も・・・。

 

ゲーマーなら玩具のエアガンでも一般人(その時は平服)に見せない様に気を遣うのにと思ったが、関わりたくないのでペコペコしながら車を脇にどけると、二台はまた凄い勢いで走り去った。

 

仲間と「何だ、あいつらは?」等と話していると、遠くで「バンッ」、「バンッ」と散弾銃の音と犬の鳴き声がした。

 

その時、「ここは夜戦のみだな」ということになった。

 

そんな出来事もそろそろ忘れかけていた数週間後、私は新聞記事を見て、背筋が凍った。

 

あの夜以上に怖かった。

 

その小さな新聞記事には、『狩猟中に仲間を誤射。さらに誤射した加害者が直後に猟銃自殺』とあった。

 

まさに、あの山でのことだ。

 

こじつけと言われるかもしれないが、あの狐は仲間か家族を撃たれ、復讐しようと犯人を探していたのではないだろうか

 

だから、似たような銃を持つ私たちが犯人かと近づいたのではないか。

 

もちろん新聞記事の二人があの二人かは分からない。

 

ただ、二度とあの山には行きたくない。

 

あの夜、狐をエアガンで撃つような馬鹿が私たちのチームにいなくて本当に良かった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ