神仏に祈った「彼女の望み」とは

祈り

 

これは、知人の話。

 

ある女性と付き合うことになり、信仰している神仏にご報告に行ったそうな。

 

お社に一緒にお参りし、相手が真摯な態度で祈っているさまにホッとし、後から「あの時、何をお祈りしていたの?」と尋ねた。

 

しかし、返ってきたのは微笑みだけだった。

スポンサーリンク

あなたに大したことがなくて良かった

それきり追求できなかったある日のこと。

 

知人はオフロードバイクで思いっきり山の空を飛んだ。

 

途中、通りかかった車に助けを求めたが、彼の格好を見た途端に開きかけた窓が閉まり、急発進して逃げるように去って行った。

 

頭から出血はあったものの、包帯を巻いて仕事に行ける程度の怪我だった。

 

同じ日、同じ頃、相手の女性も怪我をした。

 

こちらは緊急入院になる程の首の怪我。

 

お見舞いに行くと、絶対安静で起き上がれない状態で、話をしているうちにお参りに行った時のことになった。

 

知人は、「あの時、本当は何をお祈りしたの?」と何気なく尋ねた。

 

女性は、「うーん、今なら言ってもいいかなあ」と前置きし、話し始めた。

 

あなたに何かあるのなら、まず私にそのトラブル全てを寄越して下さいってお願いしたの。私、『事故にはよく遭うだろうけど絶対長生きする』って色んな時に色んな人に言われてたからね。頑丈に出来ているみたいよ。うん、あなたに大したことがなくて良かった」とニッコリ。

 

神仏のバチとか、お叱りとか、メッセージって主に首から上に出るんだよな。ベゼルのフロントが滅茶苦茶になって廃車しかない事故で、今こうして無事だったのも、彼女の望みが叶えられたってことなんだよな。あの状態で笑えるってのはかなり強いよ」

 

そう、しみじみと彼は私に告げた。

 

幸い女性は、それほど大きな後遺症も残らず、今も彼の傍で微笑んでいる。

 

皆様も、首から上の怪我にはお気をつけ下さい。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ