同じような夢を見るのが今日で4日目

鎌を持つ男

 

夢を見た。

 

その夢の内容は、

 

右腕を黒服の男に抑えつけられ、

腕の根本からノコギリで切られるものだった。

 

ギコギコギコ・・・と、

骨に刃があたる嫌な音が響いている。

 

抵抗しようと思えば出来たのかも知れないが、

されるがままだった。

 

不思議なことに、

痛みも恐怖も感じなかった。

 

妙にリアルだった。

 

夢から覚めた後、

自分の身体を確認して安堵する。

 

同じような夢を見るのが、

今日で4日目だ。

 

2日目は左腕。

 

3日目は右脚を切断される夢だった。

 

起きてみると身体に異常はない。

 

でも、夢の中では着実に

手足が減っていく。

 

その日も夢を見た。

 

その夢の中では、

残る四肢は左脚だけになっていた。

 

そして、

左脚の付け根に刃があてられた。

 

数分も掛からぬうちに、

俺はダルマのような姿になってしまった。

 

最後に残った左脚を切った黒服の男が、

 

「ゴチソウサマ」

 

と言った気がする。

 

そして目を覚ますと、

いつもの身体だ。

 

なぜ、あんな夢を見たのだろう。

 

まあいい。

 

今日は何をしようかな。

 

特に何もすることはないのだけど、

とりあえず今はトイレに行きたい。

 

(終)

スポンサーリンク

解説

実はこの語り手、

夢を見る以前から四肢が無い。

 

「・・・今はトイレに行きたい」

 

と思うのも、

 

起きてすぐトイレに行けない

事情(障害)があるため。

 

ここからは憶測であるが、

この夢で起きたことは事実であり、

 

あまりの恐怖から脳がその記憶を

無意識に消してしまっている。

 

しかし夢の中では、

 

本当の記憶を見てしまっている

のではないだろうか・・・

 

と考えられる。

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ