ストーカーに悩まされているキャバ嬢

タクシー

 

店でもそこそこ地位が確立してきた頃、

ストーカーに悩まされているキャバ嬢がいた。

 

店から徒歩10分程の

自宅マンションに帰るまでに、

 

後ろから明らかに

人が付いてくる気配がする。

 

「さすがに怖いし、

今日はタクシーで帰るか」

 

ある日そう思いつき、

 

店の前に常駐しているタクシーに

乗って帰ることにした。

 

(・・・ついでに買い物するか)

●●のローソンまで」

 

自宅近くのコンビニを告げ、

タクシーは出発した。

 

しかし、

いざタクシーに乗ってみると、

 

たかだか徒歩10分程の距離なので、

すぐに目的地近くまで来てしまった。

 

彼女は馬鹿馬鹿しくなってしまい、

次からタクシーはいいやと思っていると、

 

タクシーは自宅前で止まろうとしていた。

 

「あっ、間違った。

コンビニまでだっけ・・・」

 

タクシーの運転手がボソッと呟いた。

 

(終)

解説

彼女をストーカーしているのは、

もちろんこのタクシーの運転手である。

 

いつも彼女の自宅まで

後を付けているせいか、

 

告げられたコンビニではなく、

つい彼女の自宅に向かってしまった。

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ