願いは必ず守ってやる

ある家に強盗が押し入り、

父親と母親を殺しました。

 

強盗は子供部屋へ入り、

 

そこにいた小さな男の子に

向かって言います。

 

「お前の両親を殺害した。

 

これからお前も殺害する。

 

ただ、一つだけ願いを

聞いてやる。

 

殺してほしくないと言えば

生かしてやろう。

 

願いは必ず守ってやる」

 

「さつがいってなーに?」

 

「この世から消えて、

2度と友達と会えないってことだ」

 

男の子は叫びました。

 

「いや!・・・

ぼく さつがい いや!」

 

「それが願いか?」

 

男の子が首を縦に振った瞬間、

強盗は男の子を殺しました。

 

(終)

解説

「ぼく さつがい いや」

「ぼくさつ が いいや」

「撲殺 が 良いや」

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ