太平洋海上での無線記録

 

これは、

 

アメリカ海軍とカナダ当局との

間で交わされた、

 

実際の無線の記録である。

 

「衝突の危険あり、

 

貴艦の針路を15度南に

変更されたし」

 

「衝突の恐れあり、

 

そちらの針路を15度北に

変更されよ」

 

「出来ない。

 

衝突の恐れあり、

 

そちらの針路を15度南へ

変更せよ」

 

「こちらアメリカ海軍の

軍艦の艦長である。

 

もう一度繰り返す、

そちらの針路を変更せよ」

 

「ノー、それは不可能だ。

 

もう一度繰り返す、

貴艦の針路を変更せよ」

 

「こちらはアメリカ海軍。

 

太平洋艦隊最大級の航空母艦、

エンタープライズである。

 

我々は駆逐艦8隻、

巡洋艦4隻と、

 

多数の艦船を従えている。

 

我々はそちらの針路を15度北に

変更するよう要求する。

 

もう一度繰り返す。

 

そちらが15度北に変進せよ。

 

我々の要求が

受け入れられなければ、

 

艦の安全のために対抗措置を

取る用意がある」

 

「エンタープライズ、

こちら灯台である、どうぞ」

 

(終)

解説

怖いというか、

面白い話でもある。

 

エンタープライズが船だと思って

針路変更するように言っていた相手は、

 

灯台であった。

 

とはいえ、

 

このまま直進すれば、

ぶつかって沈没してしまう。

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


One Response to “太平洋海上での無線記録”

  1. 匿名 より:

    これは草

コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ