バスが近づくにつれ襲う違和感

廃バス

 

これは、アメリカにいる友人から聞いた不気味な体験話。

 

アメリカでは、子供の通学にはスクールバスが利用されているのだそうだ。

 

この話をしてくれた彼の家は山中の農場で、バスストップは近場にあるものの、そこから乗降している子供は彼を含めて僅かだったという。

 

その日の朝、バスを待っているのは彼一人だけだった。

 

他の子らは体調でも崩したのだろうか、誰も来ない。

 

落ち着かない気持ちで待っていると、道向こうからバスが来るのが見えた。

 

しかし、バスが近づいてくるにつれ、違和感が彼を襲う。

 

この路線のバスは最近新調されていて、それが気に入っていた。

 

だが、今こちらに向かって来るバスは、どう見てもボロボロに錆びている。

 

…というより、どう見てもスクラップ寸前の廃棄バスにしか見えない。

 

明らかに、いつも利用しているバスではなかった。

 

やがてバスは彼の目の前で停車し、扉が開いた。

 

その瞬間、車の中から何かが腐ったような嫌な匂いが漂ってくる。

 

黒ずんだ座席には、子供は一人として乗っていない。

 

どうしようもなく不安になり、乗り込まずに運転席の方へ回ってみた。

 

運転席は無人だった。

 

悲鳴を押し殺し、後退りしながらゆっくりとバスから離れた。

 

やがてドアが閉まり、バスは遠くへ去って行ったという。

 

それからすぐに、いつものスクールバスがやって来たそうだ。

 

彼は自分の見たバスのことを大人に話したが、誰も真面目に取り合ってはくれなかった。

 

「しばらくの間、一人でバスを待つのが苦痛になったよ…」と、大人になった彼は苦笑しながらそう言っていた。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ